解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

初心者でも車の運転が上手くなる方法|ハンドル操作編

車の運転が上手い下手に関しては、多くの人が上手いと思われると気持ちよく感じますし、下手くそだと思われると相当凹んでしまったりイライラしてしまうものですから、車を運転する人であれば、普通は運転が上手い人でなければ納得できません。

その為、免許を取得後は運転が上手くなる練習を何度も積み重ねていき、段階的に運転が上手い人、車に同乗している人達が安心して身を任せられる人になる必要がありますので、アクセル操作編、ブレーキ編等で運転の上手くなる方法をご説明しています。

まだ、それらを見ていない人はここ記事を検索して確認してみて下さい。

ハンドル操作も他のアクセル操作やブレーキ操作同じく、急ハンドルを切らない運転がうまい運転であり、交通事故等を起こさない運転は急ハンドルを操作をしない、急ブレーキを踏まない、急加速をしない運転をすることによりスムーズな運転を行います。

車の運転操作の中で誰の目にも容易に上手い下手が分かる操作として、ハンドル操作があり、これは他の運転は足でペダルを操作する事になるんですけど、ハンドルだけは助手席や後部座席の人からあからさまに目視で確認できる為、特に目立つ事になります。

 

 

ハンドル操作は簡単そうに見えて実は難しい?

 

車のハンドル操作のスピードや切込み加減によって、車の挙動や同乗者の姿勢が変化していきます。また、ハンドル操作はハンドルの切込みと戻しが同じ速度であることが基本動作になるのですが、運転が下手な人程、ハンドル操作がチグハグになっています。

例えば、切込みと戻しのタイミングが早いハンドル操作をすると、ハンドル操作が早すぎる場合は、車の姿勢と挙動が大きく変化することになり、その負担はサスペンションに伸し掛かり、サスペンションの性能に依存する偏った走行をしないといけません。

この場合、サスペンションの性能が良ければ、ハンドル操作があまりうまくない要因を誤魔化すことが出来るのですが、サスペンションの性能が良くない場合は、あっという間に限界点に達してしまい車が正しい姿勢を保てず、操作不能になる場合もあります。

免許取りたての若い人が搭乗人数よりも多くの人を車に乗せて運転をしていて、重大な交通事故を起こすニュースが毎年のように報道されていますが、あれは想定している人数を上回る人が乗っているため、サスペンションの限界を超えてしまうからです。

また、運転しているドライバーの経験不足により、急ハンドル操作を当たり前のように行っており、毎回サスペンションの性能に頼る運転をしていた際に、車に人を載せすぎてしまって、それで誤魔化しが効かなくなってしまって交通事故を起こします。

スポンサードリンク




 

 

急ハンドル操作をして満足しているのは実はドライバーだけなのです。

 

毎回急なハンドル操作をして、それに満足しているのは、実は運転をしているドライバーのみであり、他の車に乗っている同乗者の人達は、頭を固定できなくなり車が大きく姿勢を変えて挙動をすることにより、大変気分が悪くなっている現実があります。

ハンドル操作の方法次第で、横Gが大きく変化することになりますので。搭乗者を安心させて運転をする場合は、横Gを抑える為に、ゆっくりとしたハンドル操作が必要になるのですが、初心者の人程勘違いしている人が多く、毎回急ハンドル操作になりがち。

ここで、ある疑問が出てくるのですが、ゆっくりとハンドルを切ったらカーブが曲がれない、という方は、ハンドルの切り始めが遅い状態になっている人が多く、車の向きと姿勢を変える場所がカーブの奥になっているため、ハンドルを短い時間で切らないといけなくなってしまっているのです。

この状態を改善するためには、運転をしていてカーブに差し掛かった場合は、慣れてくるまで、普段よりも若干速めにゆっくりとハンドルを操作するようにしておき、ゆっくりっとハンドルをきるようにすれば、この問題は解決することが可能です。

 

 

荷物を積んだリヤカーや台車、自転車を動かして曲がるときをイメージ。

 

例えば、荷物を積んだ自転車の運転をしている際に、急にカーブを曲がると、積んでいる荷物がズレてしまうので、カーブよりもかなり手前からゆっくりと曲がるような運転をしてことがある人も多いと思います。

ピザや寿司の出前をしている人であれば、早く荷物を運びたいため、速度を上げて曲がる際に、曲がり角では速度を落としつつ曲がり、曲がり終わったら向きを戻しながら速度を上げる経験をしたことのある人も多いと思います。

カーブを曲がるハンドル操作は車も全く同じで、自転車の荷物がズレない曲がり方をすれば、車も同じく姿勢や巨大が大きな変化をせずに、搭乗者にかかる負担も少なく、頭も安定して、姿勢が変化しないといえます。

サーキット走行時や、峠道でスポーツ走行時に、ハンドル操作も減速をしながらハンドルを切り、戻しながら加速をしていきますので、それとおなじような運転をすれば、一般の道路でも安定して車が曲がることが出来るのです。

縦G(ブレーキまたは加速時)+横G(ハンドリング)の合計がコーナーの何処の場所でも同じ、このハンドル操作を練習すれば走り方は一変し、今までよりもハンドルを切らず、スムーズに曲がれるようになりますので、是非練習をしてみて下さい。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme