解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

GWの連休までにロードサービス付きの保険かJAFへ加入

そろそろ、今年のゴールデンウィークが迫ってきている為、今から長期間の旅行計画を考えている人も沢山いらっしゃると思いますし、海外旅行ではなくて車を運転して実家に帰省する人もいらっしゃると思いますが、その際に車だと大変便利に移動できます。

ある程度の地方都市なら別なんでしょうけど、本当に田舎の場合は飛行機で移動をしてもそこからバスやらタクシーやら乗り継いで何回も移動を繰り返さないといけないことも普通ですし、新幹線で帰ろうにも新幹線が通っていない田舎もありますからね。

その場合は、自家用車で家族全員が乗って移動すれば、多少の運転の疲れはあるかもしれませんけど、大混雑する東京駅や羽田空港などとは無縁で、自宅から実家までスムーズに移動できますから、後は大渋滞のシーズンをどうやって移動するかになります。

 

 

ゴールデンウィークシーズンで多発するのが車のトラブル。

 

毎年、ゴールデンウィーク時期になると日本の高速道路が一斉に大渋滞になりますので、ニュース映像などで毎年恒例のようにそれを見ていると、よくこんなに沢山の車が集まるな?と驚く程ですけど、この時期は車のトラブルの発生もマックスになります。

大抵は、車のパンクとガス欠、オーバヒートなどで車がその場から移動できない、移動しにくい状態になり、高速道路の路肩で長時間立ち往生する事になりますから、貴重な連休中にこのような車のトラブルが発生すると本当にイライラしてしまします。

ただ、パンクに関してもオーバヒートに関しても、点検によりある程度の事前回避をすることが可能ですし、パンクは大抵は元々大きな釘がタイヤに刺さっていて、それが高速道路を運転中に抜けてしまって一気にパンクをしてしまうのが大抵の原因です。

 

 

ゴールデンウィークの時は車両点検とガソリン満タンに心がける。

 

オーバヒートに関しても、ラジエーター周りを整備工場で点検しておけば、国産車の場合は普通は発生するものでもありませんし、ガス欠に至っては、完全にドライバーの管理不足によるトラブルなので、このシーズンはガソリンを満タンにしておくべきです。

スポンサードリンク


ゴールデンウィーク中に車を使って長距離の移動をする場合は、タイヤとラジエーター周りを点検しておき、異常があれば事前に対処をしておくことと、ガソリンに関しては常に満タン状態にしてからガソリンスタンドから出るようにしておくと良いでしょう。

しかし、どれだけ注意していても大型連休中はそれよりも、楽しさのほうが優先されるため、どうしてもトラブルが発生してしまうのは仕方がないので、そのトラブルが発生した際には一体どうすれば良いのかについてご説明します。

 

 

GW連休までにJAFに加入するかロードサービス付きの保険に変更。

 

ゴールデンウィークの連休中に多発する、車のパンクやガス欠等のトラブルに対して、普通の人が自分でそれを対処するのはたいへん難しいですし、他の車のじゃまにならないように路肩で安全に待機しながらレスキューを待つことになります。

ロードサービスで車のレスキューと言えば、ご存じJAFになる訳ですが、JAFの会員になっていると、ゴールデンウィークで多発するガス欠やパンクのトラブルにも基本的には無償で対応してくれますから、もしもの時に安心できる保険のようなものです。

最近では、ソニー損保がJAFよりもサービスが良い感じのロードサービスを保険の契約者に対して提供していて、私も何度も利用したことがありますけど、費用もかからないし何回でも利用できるメリットがある為、これがあればJAFは要らないと思います。

JAFに加入していれば、逆にソニー損保に入る必要もないと思いますので、排他的にどちらかに入っておいたほうが良くて、私はソニー損保を契約しているので他の保険会社のロードサービスは分からなのですが、あるならそちらでもよろしい感じですね。

別にJAFに加入していなくても、何かあれば電話すれば対応してくれるんですが、どうしても料金が割高になってしまいますので、もしもの時を考えるとゴールデンウィークの想定外のトラブルに対してJAFに加入するか保険を見直してもよいでしょう。

普段から、何かしらのロードサービスは加入しておいて損はありませんが、ソニー損保等の保険入っておくと、ロードサービスは無料で何回でも使えますし、確か、ガス欠の際には、ガソリン10リットルも無料で手配してくれると書かれていた記憶があります。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme