解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

後方にもドライブレコーダーを取り付けるべきか悩む?

交通事故の際に、当事者同士の証言だけでは事実かどうかが警察も正しい判断できずに、やってもいない交通事故を一方的にやっていることにされてしまったり、相手に過失があるにも関わらず、全て自分の責任にされてしまうこともない訳ではありません。

かつての時代は、交通事故の際の過失割合の証明は当事者同士の証言、現場の証拠、第三者の目撃情報のみで処理がされていたんですが、最近ではドライブレコーダーの性能が高くなり、最も信頼できる記録映像として利用されることも多くなっています。

車を運転する場合、必ずドライブレコーダーをフロント側につけておいた方が良い位ですから、現時点でドライブレコーダーを取り付けていない人は、8000円位のドライブレコーダーで良いので急いで購入してから取り付けておきましょう。

シガーソケットから電源を取れば、ドライブレコーダーの取り付けは誰でも簡単にできるようになっていますので、シガーソケットを使わない人が大半でしょうからドライブレコーダーを取り付けておき、もしもの交通事故対策に備えておきます。

 

 

ドライブレコーダーは後方にも取り付けたほうが良いのでしょうか?

 

最近良く質問されるんですけどドライブレコーダーをフロント、いわゆる前側に取り付けるのはよく分かるんですけど、リア側である後方にも取り付けた方が良いのですか?といった話になった場合、当然ですが後方にもつけておいた方が安心感があります。

私も、信号待ちで停車していた際に、後方から前方不注意の車に追突をされてしまったことがあったんですけど、その相手が一般常識がない相手だったため、こちらには全く問題がないのに、裁判だの何だのと大騒ぎをされて、大変不快になった事があります。

ですから、可能であれば車の前方だけではなくて、後方側にもドライブレコーダーを取り付けておいたほうが良く、追突をしてくる車は執拗に煽ってくる車の映像を記録しておいたほうが良いのですが、後方への取り付けは結構難しいことが多いのです。

スポンサードリンク




 

 

ドライブレコーダーを後方に取り付けるのは結構難しい事が多い。

 

フロント側にドライブレコーダーを取り付けるのはとても簡単なのですが、実は後方に更にもう1台のドライブレコーダーを取り付けるのは容易ではありませんので、取り付ける場合は電源から直接接続しないといけないくなると思って下さい。

シガーソケットを複数分岐鎖させるパーツもあるんですけど、電力が不安定になることや運転中に相当じゃまになることからお勧めが出来ませんので、やはり2台以上のドライブレコーダーを取り付けるには、電源から直接電力を取得します。

この電源というのは、通常は車のオーディオやエアコンがあるフロントのインパネの裏側にある電源ユニットのことであり、オーディオは確実に電源ユニットから電源を取得していますので、カーオーディオの裏側付近を確認すれば電源が出てきます。

 

 

ドライブレコーダーを電源ユニットに接続をするのはお金がかかる。

 

後は、それにドライブレコーダーのメーカーが別途で発売をしている電源ケーブルを接続していくんですけど、これが結構割高な商品になっていて、3000円から5000円位で売られていることも少なくなくて、その価格を見て驚く人も少なくありません。

通常、ドライブレコーダーの電源はシガーソケットから取得する人が殆どなので、専用の電源ケーブルが値引きされることも殆どなく、下手をしたらドライブレコーダーをもう1台購入するくらいの追加コストが必要になる場合もあります。

更には取り付けが慣れていない人には難しいことも多くて、インパネを取り外すだけでも大変なことが多いことを考えると、専門業者に依頼をして1万円位の工賃も必要になりますから、普通の人には後方のドライブレコーダー取り付けは敷居が高いのです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme