解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

交通事故の過失割合|車両保険と人身傷害で負担0円

車の運転をしていると交通事故を起こしてしまったり、全く落ち度がないのに交通事故に巻き込まれてしまったりする事がありますので、その際の保険として相当な富裕層の人以外は、必ず任意自動車保険に加入するのが殆ど常識のようになっています。

任意自動車保険に加入していると高額な補償問題が殆どのケースで発生している交通事故をスムーズに解決することができる・・・はずなのですが、実は任意自動車保険に加入していても交通事故では揉めることが大変多くて、保険=全額保証ではないのです。

では、任意自動車保険に加入しているのに、何故、交通事故の際に相手とトラブルになるのかと言えば、交通事故の場合は、必ず過失割合と言うものがあり、この過失割合によって、保険を使っても保険会社が負担する金額が変動するため、過失割合の状況によっては車の殆どの修理代を自分で負担しないといけなくなるからです。

※後で記載しますが、保険の契約内容によっては過失割合に関わらず、保険金が全額出ますのでその場合は大丈夫です。

 

 

過失割合はどのようにして決められるのか?

 

当然、普通に運転をしていて車を一方的にぶつけられた方は納得がいかないので猛抗議をするのですが、過失割合が一度確定されてしまうと、それを変更するのは至難の業になりますから、相当な証拠がない限りはその設定された過失割合で話が進むことになります。

この、一方的に車をぶつけられたにも関わらず、修理代を自己負担しないといけない過失割合とは一体どのようなものなのかと言えば、早い話が交通事故の際に自分の車が少しでも動いていた場合はどのようなケースでも過失割合が0になることはありません。

それとは逆に、完全に自分の車が停車している場合に追突された場合や、法律上ありえない信号無視、同様のセンターラインをオーバーしてきて正面衝突をするなどの道路交通法を完全に違反しているようなケースのみ、被害者側の過失が0に設定されます。

それ以外のケースはいかなる場合であっても、自分が動いているというだけで過失割合は0になりませんので、相手が追い越し車線から追い越そうとしていてスリップしながらぶつかってきた場合、交差点での出会い頭の衝突などは全て過失割合が0にならないケースです。

スポンサードリンク


 

 

交通事故の過失割合は大抵はマニュアル化しています。

 

大抵は、ぶつかった方が過失割合8割前後で、ぶつけられた方が過失割合2割位の比率であり、後はその時の状況にあわせて、若干スライドするくらいであり、どちらも同じ状態で衝突した場合は5割、5割になるくらいで、おおよそがマニュアル化しています。

例えば、普通に走行レーンを法定速度で運転していて、時速100キロの車がスリップをしてぶつかってきた場合でも、過失割合は0割にならないですし、このような事故になると車はよくて大破であり、最悪はその場で全損状態になっているのが普通です。

その為、難の落ち度もないのに車は廃車になるし、自分は大怪我をしているのに、加害者側の過失が10割にならないのは許せない!、こんな感じで毎回事故の際には揉めることになりますから、保険を使えば全てが回復するというわけではありません。

更に、相手が無保険車の場合は、支払い能力がない場合も多くて、結局は安全運転をしている被害者が泣き寝入りをするケースも少なくなく、事故があってからそれを悔やんでも仕方ないので、任意自動車保険という便利な保険が世の中にあるわけです。

 

 

任意自動車保険で車両保険と人身傷害が役に立つ瞬間。

 

自動車保険については、対人無制限、対物無制限に加入している人は沢山いても、人身障害無制限、一般車両保険満額加入をしている人になるとガクッと減ってしまいます。

その理由は、保険料が高くなるからなのですけど、この2つの保険料が高くなる保険に加入していると、交通事故の過失割合に関係なく、保険を使った瞬間全額保険で保証されるという、至れり尽くせりの対応を保険会社がしてくれます。

人身障害は交通事故の際の入院費や病院代などを全額負担してくれますし、車両保険は過失割合に関係なく限度額まで保険会社が保険金を払ってくれますので、過失割合に関係なく人の命や障害以外の全てを保険で解決することが可能になります。

交通事故に巻き込まれた際に、過失割合で嫌な思いをしたくない場合は、人身傷害、車両保険に必ず加入しておき、修理代や病院代の自己負担で嫌な思いをしないようにしておくと便利です。

ただし、当然ですが保険を使うとノンフリート等級が3等級下がります。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme