解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

台風で水没した車は修理可能?|匂いが想像以上に凄い

台風などの大雨が発生した場合、瞬間的に局地的な大雨になり、あっという間に河川が氾濫してきて、道路が水没したり、床上浸水、床下浸水といった水害が発生するのは、昔から日本ではよくあることで、現在に至ってもそれは発生しています。

その際に、住宅が床上浸水をした経験のある人ならご存知でしょうけど、衛生上の問題以前に、室内には凄い悪臭が漂うことになり、土砂やヘドロが大量に家の中に入ってきているので、仮に水が引いたとしても、簡単に元の生活に戻ることはできません。

また、相当な費用をかけて消毒や回復作業を行わないといけなくなる都合上、保険に入っていない場合は自腹での作業になりますので、自宅がそのような姿になると、精神的な負担も計り知れない訳なのですが、当然、車も同様の状態になります。

 

 

床上浸水になる水害であれば、車も無事では済まないのです。

 

車の場合、あっという間に床上浸水になるような水害でしたら、大抵駐車場は床上よりも低い位置にありますので、車も特殊な4WDでしたら別なんでしょうけど、普通のセダンなコンパクトカーの場合はあっという間に車内も水没してしまいます、

一部、マフラーが煙突のようになっていて、ドアを締め切っていたら水が車内に入らないよな高価な4WDの車もありますが、普通の車はドアを閉めていても、簡単に水没すると思っておいて問題ありません。

その場合は、水害が治るまでの間、長時間において車が水に水没している訳です訳ですから、泥まみれの悪臭がするヘドロや土砂なども車内に大量に入ってしまい、水害が収まった頃にはかなりの悪臭を発生している状態になります。

はたして、この台風の大雨などで河川が氾濫してしまい、水没した車に対して、修理をすれば、元の状態に戻せてこれまで通りに利用することはできるのでしょうか?

スポンサードリンク




 

 

水没した車は基本的に修理不可能で全損扱いが基本です。

 

車が水没した場合、どの程度水没したのかにもよるのですけど、エンジンが水没するような状態の場合はまず修理ではなくて廃車が基準になり、エンジンまで浸からない水没の場合であれば、何とか修理で対応できることがあります。

よって、水没と言ってもどのような状態で車が水没していたかになるのですが、一度水没をした車の車内はかなりの悪臭が発生していて、その匂いを消すのは大変難しいことも多く、結果的にもう廃車にしてしまう人も少なくありません。

何とか、内張りとシートをすべて交換して、消毒や殺菌、その他の清掃を行い、電装部品などの交換やメンテンスを行えば回復できることもあるのですけど、それらも水没の程度によって状況が全く変わってきます。

とにかく、水没した車の中に入ろうとすると、あまりに匂いが酷くてもうこの車は無理だ・・・、そうなってしまう感じです。

それなりのお金をかけて修理をして、信頼できる業者に来をすれば、何とか見た目上は元どおりになるのかもしれませんが、車両保険に入っていない限りは、すべて自己負担になりますので、保険で直せないなら廃車かな・・・となる感じです。

水害が多い地域の人は車両保険に入っておくか、水没しても構わない車に乗っておくと、もしもの際でもそれほど困らないので、保険をもう一度見直しましょう。

実は、あまり知られていないんですけど、水没した車の匂いを取る方法もないわけではないのですが、水没の程度によっては、エンジンやその他の部品のダメージを考えると、臭いだけとってもあまり意味がない感じになるでしょうか?


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme