解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

運転免許証は年齢が若い時に取得しておいた方が良い理由

昭和の時代でしたら高校を卒業する前の高校3年生の頃に運転免許証を取得しておくのが普通であり、高校を卒業したらそのまま就職をするか、大学に進学をするかに別れることになりますので、教習所に通う時間もなく多くの人が免許を取得していました。

しかし、最近では昭和の時代のように車の免許証がなくても就職に困るとか身分証明書に困ることも無くなり、更には車に対する関心を持たなくなった若い人が増えてきていることもあり、運転免許証を取得する人が少なくなってきている状態になっています。

 

 

最近の教習所が付加価値をつけて対応が良くなっている理由。

 

その為、ただでさえ若い人の人口が減っている状態で免許を取得しようとする人が少なくなっていることから、教習所が経営難に陥り閉鎖をしてしまったり、付加価値をつけて全国から教習所に若い人たちを集める方法で集客をしている事が多くなりました。

昭和の時代でしたら教習所には何もしなくても勝手に若い人たちがたくさん集まってくる為、横柄な教習場も沢山あり、良いイメージがない年配の方も多いのですが、現在ではそのような教習所には人そのものが集まらずに経営問題になるので問題ありません。

ですから、現在は運転免許証を取得したい人がどの教習所を選ぶのかを全国規模で選べる時代になっていますので、余裕があればなるべく若い時に運転免許証を取得しておいたほうが良くて今は車に乗らなくても将来的に免許証が必要になる事が必ずあります。

 

 

運転免許証は年齢が若い時に取得しておいた方が良い理由。

 

車も今は買わないし身分証明書も必要無いし、運転免許証なんか要らないと思っている人がいれば、出来ればなるべく若い時に運転免許証を取得しておいたほうが後々便利になり困ることもありませんし、その後は更新をするだけで良いので絶対にお得です。

その理由としては、若い時には確かに車は必要無いし、そもそも車を購入するような金銭的な余裕もないので取得に時間も掛かるしお金も必要になる運転免許証なんて要らないと思うかもしれませんが、将来的に運転免許証が必要になることが多いのです。

スポンサードリンク




女性の方で本当に生涯車を運転しない人でしたら運転免許証を取得しない人もいらっしゃるのですが、その場合でも配偶者のご主人は運転免許証を取得している事が前提になりますから、今の時代でも全く車の運転免許証が必要ないということはありません。

実際、40歳になるまで全く車に関心がなかった人が、結婚をすることにより運転免許証を取得しないといけなくなり自動車教習所に行ったら年齢が若い人ばかりで大変苦労したといった話を聞いた事がありますので、なるべく若い時に取得しておくべきです。

 

 

運転免許証は一度取得しておけば5年後にはゴールド免許になります。

 

運転免許証を取得していない人は知らないかもしれませんが、運転免許証を取得しておくと全く運転をしなくても5年後にはゴールド免許になりますので、無事故無違反の優良運転者として、車を購入して保険に加入した際に保険料が5%割引になります。

それ以外には特にメリットはないのですが、年齢が高くなってから若い人が集まる自動車教習所に通って結構気まずい思いをすることもなく、若い時に一度だけ2週間から1ヶ月間の時間を使って免許を取得しておけば、後々その免許が永遠に利用できます。

免許取得後には2年、3年、5年単位で免許センターに通って更新をしないといけなくなるのですが、これは免許取得者全員がしないといけない義務になりますしゴールド免許になっておけば5年に一回の30分の講習のみで免許の更新が終わるのでとても楽です。

後、海外に行った際には日本の運転免許を所有していれば、ハワイでもそうなんですけど現地でレンタカーを借りて外国を運転することが出来ますので、海外に行く際も便利ですし、将来一生免許を取得しない覚悟の人以外は若い時に免許を取得しましょう。

 

合宿免許ドリーム


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme