解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

台風被害の多い地域はエコノミー車両保険に加入するべき理由

日本は比較的台風が頻発する国ですから、毎年水害が発生していて、酷い時は大きな河川の堤防が決壊してしまって、街ごと流されてしまって自衛隊が出動することも普通にありますし、そこまでいかなくても床上床下浸水等は全国的に頻繁に発生しています。

床上床下浸水が発生すると、伝染病等を防ぐためにも、その後は住宅の消毒や清掃などを徹底的にしないといけなくなりますので、何かとお金がかかりますし精神的なダメージなども半端ではないのですが、その状態になると肝心の車も当然水浸しになります。

車は、車種によってその限界値は大きく異るとは言え、ある程度までの浸水には耐えれるようにはなっているのですが、流石に運転席や助手席が水浸しになり、シートなども水に浸かってしまう状態になると、エンジンも掛からず廃車前提の対応になります。

 

 

台風被害の多い地域はエコノミー車両保険に加入するべき理由。

 

住宅が流されるような大洪水は別でしょうけど、単純に床上床下浸水の場合は、清掃や消毒、畳の交換などをすれば普通に生活できるようになるんですが、水没してしまった車の場合はそう簡単な話ではなくなり、大抵は廃車前提で処分をしないといけません。

車はエンジンなどの精密部品や電力で動く精密機器が大量に集まって作られている為、水没には大変弱い構造になっていますし、シートやカーペットも水没をしてしまうと凄まじい悪臭を放つようになりますので、簡単にはその匂いを除去する事もできません。

結局、水没してしまった車を修理していると、新車を購入したほうが安くなることも多いですから、保険会社に相談をしても経済的廃車の流れで手続きをしてくれるのですが、これをするには必ず車両保険への加入が必須になることをしっておきましょう。

スポンサードリンク




 

 

台風などの水没被害はエコノミー車両保険でも全く問題ありません。

 

台風被害が多い地域は地形的に古くから分かっていることが多くて、絶対に水害の被害に合わない高台などに住んでいる人であれば全く心配はいらないのですが、田んぼなどの平地を無理やり宅地に改修している住宅地も多くて、同じ場所が水害にあいますね。

ですから、事前に台風による水害が過去に発生している地域であることが分かれば、出来れば最低でもエコノミー車両保険に加入しておいたほうが良いので、一般の車両保険が金銭的に難しいのであればエコノミーで良いので車両保険に加入しておきましょう。

エコノミー車両保険は自損事故や相手が分からない車対車の事故の場合は、保険が支払われませんけど、実は台風による水害による全損事故については満額車両保険が支払われますので、予期せぬ台風被害対策をして加入するかどうかを判断しておきましょう。

 

 

都心などの環状線では瞬間的に水没してしまう事故も普通にあります。

 

一般的に、台風の水害について言えば、殆ど地方で発生することが多くて、都心などでは発生しないのですが、実は運転中にあっという間に車が水没してしまう被害に遭遇することも多くて、都心特有の環状線等で局地的な大雨が発生したら一瞬で沈みます。

その場合も車両保険にエコノミーで良いので加入していれば、水没は全損扱いになり保険会社から保険が支払われますので、状況により日本全国どこでも水没の被害が発生する可能性がある以上、予算的に車両保険に加入できるかどうかを確認してみましょう。

台風などで局地的な大雨が発生した場合は、大雨が発生して過去に水害が発生した立地条件、田んぼがあった場所などを強引に宅地化して住宅地にした立地の場合、環状線などの道路を頻繁に運転する人の場合は、エコノミー車両保険に加入しておきましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme