解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車のミッションからガラガラ異音が発生するなら即修理

車を運転していると稀に色々な箇所から異音が発生することがありますので、その場合は状況に合わせて早めに修理を行わないといけなくなるのですが、特に深刻なのがエンジンやミッションから発生する異音であり放置しておくと車が遡行できなくなります。

車のミッションから異音が発生する場合ですが、この異音はどこから発生しているのか分かりにくいこともあり、車の下の方からなのか後ろ側なのかよく分からないこともあるのですが、ミッションの異音はアクセルを踏むほど音が大きくなる特徴があります。

エンジンでも同様の異音が発生する場合もあり、アクセルを踏むとガラガラと異音が発生するなどの似たような症状になるのですが、エンジンの場合は車の前方か後方のどちらかに設置されている都合上、下回りにあるミッションの異音よりも判別が容易です。

 

 

車のミッションからガラガラ異音が発生するなら即修理。

 

車のミッションから異音が発生する原因としては、大抵はミッションの中に大量に組み込まれているギアが破損している事が多くて、異物が侵入して異音が発生している状態ではないことが殆どですし、もしくはオイルが少しずつ抜けている可能性もあります。

ミッションのオイル交換をする際にパッキンを付け忘れているとか、ボルトを適切に締めていない場合、車を走行している際にはミッション内部のオイルに相当な圧力が掛かりますので、それにより少しずつオイルが抜けていく症状が発生する事があります。

オイル交換に関して、そのような初歩的なミスをする修理工場も実際にあるわけで、ミッションは車の下側に取り付けられている都合上、日頃の確認が難しいこともあり、車検整備でもしない限りは確認する事もありませんから、気が付きにくいトラブルです。

 

 

ミッションが焼き付きを起こして異音を発生しているのは致命的。

 

車を運転している際にはミッションには相当な負荷が掛かりますので、それによりミッション内部のギアは高回転で回転しますから、摩擦によるかみ合わせ等が発生して、相当な高温になることもあり、オイルがない場合は簡単に金属部品が焼付をおこします。

スポンサードリンク




それにより、オイルが足りていない状態でギア同士が摩擦熱や金属同士のかみ合わせで焼付を起こしてしまうと、ミッションから異音が発生することになりますので、修理工場に連絡をして適切な修理をしないといけなくなりますし、最悪車が不動になります。

ミッションの焼付に関しては、オイル交換をした整備工場がオイルの量を間違っているとか、意外に多いのがパッキンを付け忘れてボルトを締めている等で、それ以外にミッションが焼付を起こす要因はありませんから、オイル漏れは本当に深刻になります。

 

 

ミッションが発生する異音は大きく走行中に発生するので判断。

 

車の騒音の中でも、致命的な問題になることが多い、ミッションのトラブルですが、相当運転が下手な人でも、ミッションのギアが破損するってのは稀であり、殆どがオイルトラブルにより焼き付けや高負荷をかけすぎてギアが破損するケースになります。

例えばNSX-Rの6速ミッション、ロードスターの6速ミッションがガラスのミッションと言われているくらい壊れやすいのは大変有名で、チューニングをしてパワーアップをした状態で利用していると簡単に壊れてしまいますから5速に交換する人もいます。

ミッションから異音が発生した場合、修理をすると30万円以上の費用がかかることも珍しくありませんので、ミッションごとアッセンブリー交換をすることになる事が多いのですが、走行中に大きな異音が下回りから発生した場合は直ぐに確認をしましょう。

 

 

ミッションから異音が発生した場合の修理代は30万円以上になる?

 

ミッションの修理が高額になる理由は、ミッションを下ろすだけでも3万円以上の工賃が発生することもあるのですが、ミッションをばらして診断修理をする作業がエンジンオーバーホール並に大変になるためですから、大抵は中古ミッションに交換します。

ミッションから異音が発生して、早めに気が付き何とかミッションの交換をしなくて良くなった場合でもミッション内部が焼き付きをしている場合もありますので、ミッションを交換しておくか、一括査定などで車ごと売却をして新しい車に買い替えましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme