解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車検費用が無い場合は放置でお金を稼ぐか廃車の2択

日本で車を所有すると、新車登録された車は3年後、中古で購入した車は2年以内に必ず車検を受けないといけませんので、その際には決められた車検費用が発生するんですけど、この車検費用がお世辞にも安いとは言えないため、毎回困っている人もいます。

車検に関しては、無車検の車検切れの状態で一般道路を運転してしまうと、かなり厳しい道路交通法違反になってしまいますし、それ以前に車検を受けていない車は、自賠責保険にすら加入していない状態ですから、絶対に無車検で運転をしてはいけません。

しかし、車検を受けたいのはやまやまなんですけど、肝心の車検を受ける為の費用が工面できない場合、一体どうしたら良いのでしょうか?

 

 

車検を受ける費用がない場合は基本は稼ぐか廃車にするかの二択。

 

車検を受けるためのお金が用意できない場合の対策方法としては、お金を稼ぐか、思い切ってその車を廃車にするかの二択しかなくて、これ以外の方法でこの問題を解決することは出来ませんので、もしも車検が切れた車は一旦車庫から出さないようにします。

車検費用というのは、その殆どが税金や自賠責保険、印紙代になりますから、何処に依頼をしても極端に安くすることが出来ない為、それでも車検費用を安くしたい場合は、検査費用を安くしてくれている車検対応の専門業者に依頼をすることになります。

それでも最低限度の車検整備で終わらせておき、安く出来ても1万円から2万円位が限度でしょうから、根本的に車検費用そのものが用意できない人は、お金が貯まるまで駐車場で保管をするか、廃車引き取り業者に依頼をして手放すかのどちらかになります。

もし、ディーラー等の見積もりよりも、1万円か2万円程度のコストダウンができれば代金を支払える人であれば、それでなんとか車検を受けることは可能になります。

 

 

車検費用をローンで支払う位なら思い切って車を処分したほうが良い。

 

車検を受ける場合、自動車整備工場によってはローンの支払に対応している業者もありますので、その場合はローンを組んで車検費用を支払うことになるんですけど、車検の場合は税金などの費用に関しては、建前上はローンではなく現金で事前に支払わないといけない場合もあります。

スポンサードリンク




この辺りは車検を依頼する自動車整備工場によって対応が変わってくることがありますので、実際に確認を取って見ないとなんとも言えない所なんですけど、ローンをすると必ず金利が発生しますから、そこまでして車検をしたいのかどうかになります。

自動車整備工場が個別対応で車検の分割払いとかに対応してくれる場合は、あくまで任意で税金などの支払いを建て替えてくれていることになりますから、そういった親切な車両整備工場があれば、普段から親しくしておいても損はありません。

 

 

そもそも車検費用はサラ金やローンで支払うものではありません。

 

また、サラ金などから車検費用を借り入れることも出来ないわけではないんですけど、そもそも車検費用すら支払えないような人がサラ金でお金を借りてしまったら、そのお金の支払いそのものが大変になりますから、全くお勧めできない方法です。

逆に、車検費用を用意するためにサラ金からの借り入れを推薦するような人がいれば、疑って掛かるべきであり、早めに縁を切っておいたほうが良い人になります。

車両本体を購入する際には、支払い方法にローンの選択肢もあるんですけど、流石に車を整備する費用をローンで払わないといけない状態というのは、経済的に既に破綻してしまっている可能性が大変高いので、身分相応の生活をしていない事になります。

人間、自分の稼ぎに見合った生活をするべきなので、車検費用が用意できない位生活が窮困しているのであれば、一度自分の生活レベルを見直してから、車検費用が用意できない理由を考えて、一旦車検切れで保管をするか、廃車にするかの判断をしましょう。

国産車の場合、1年程度駐車場に保管していても相当壊れるものではありませんので、1年間頑張って仕事をしてお金を稼ぎ、10万円から20万円位の予算を確保して、車検整備をするようにしていくと1年以内には普通に車に乗れるようになるはずです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme