解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

寒くなると調子が悪くなる車は売却した方が良い理由

日本には春夏秋冬が有りますので沖縄などを除き冬はとても寒くなりますし、大雪が積もる地方もあり、基本的に気温が10度以下になリますので、車のエンジンが冷たい空気を吸うことが出来る為、一年で最高のパフォーマンスを発揮する事ができます。

車のエンジン性能を最大限に発揮させるには、なるべく冷たい空気をエンジンに吸わせることですから、ニトロと呼ばれているNOSもエンジンに吸わせる空気を強制的に冷たくさせて、エンジンの性能をアップさせる方法ですから、冬は正に最適なのです。

ただし、車によっては何故か冬になると調子が悪くなる車があり、特に登録から5年以上経過した古い車の場合は、原因不明でディーラーに持ち込んでも原因が全く分からずに、毎回調子が悪いままその車に乗り続けないといけなくなる場合があります。

 

 

寒くなると調子が悪くなる車は売却した方が良い理由。

 

基本的に冬なって車の調子が悪くなる場合、大抵はバッテリーが弱っているとか寒冷地仕様のバッテリーではないので、寒さで極端に性能が悪くなっている事が多いので、バッテリーを新品に交換してみて、それで調子が治れば原因はバッテリーになります。

バッテリーを新品に交換しても何故か冬になると調子が悪くなってしまう車の場合、ディーラーでは対応ができないことが多いですから、高い技術を持っているプロショップに持ち込んで徹底的に診断をして車の何処のパーツに問題があるのか判断します。

実際にプロショップに冬になると調子が悪くなるって車が持ち込まれたことがあるのですが徹底的な診断をしても何処の調子が悪いのかが分からないまま、問題なしとの診断結果が出ることも有りましたので、その場合は一括査定で売却をしたほうが良いです。

スポンサードリンク




 

 

機械物である車は原因不明で調子が悪くなる事があります。

 

プロショップが診断をしても一体どのパーツが調子が悪いのか?、これが分からないこともありますが、この場合は車に時間とお金をかけて徹底的に診断をしたり、怪しそうなパーツを交換してみたりしても、良い結果が出ないことが多いのが特徴です。

その為、いつまでも冬になると原因不明で調子が悪くなる車に乗り続けるよりも、新しい車に買い替えて、冬場のトラブルから開放された状態で心機一転をした方が良いこともありますから、一旦売却をするかそのまま乗り続けるかの判断が必要になります。

もし、冬になると毎回調子が悪くなる車をその後も乗り続けるのであれば、かなりの費用と時間をかけて、下手をしたら新車が買えるくらいの予算を用意してプロショップで徹底的に診断と修理の依頼をした方が良いことも有りますので、お財布との相談です。

 

 

故障はしていなくても調子が悪くなる車は一括査定で高く売れる?

 

あからさまに交通事故をして車が凹んでいるとか、故障をしているのが判断できる車の場合、一括査定で売却をする際に問題が発生するかもしれませんが、原因不明で冬になると調子が悪くなる車の場合は一括査定で想定よりも高く売れる場合があります。

その理由は、ディーラーが診断をしても故障や問題箇所が見つかることなく、冬になると原因不明で調子が悪くなる車な訳ですから、プロが見ても問題がない車であり、その問題について、一括査定で買取査定が低くなる問題ではない為、高く売れる訳です。

相当に思い入れがある車の場合、ドンガラ状態にして一つ一つパーツをチェックしていったりして、時間とお金をかけて調子が悪くなる車の対策を行っても良いかもしれませんが、そうでない場合はカーセンサー等の一括査定で売却をしたほうが早いです。

基本的な考え方として、車の修理や維持に掛かるコストがあまりに高くなる場合、その車をなるべく高く売却をしてから、新しい車に買い換える方がストレスもなく金銭的にも安く済むことが多いので、一括査定で高く売却をして購入資金を用意しましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme