解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

純正カーナビの盗難対策にはカーセキュリティーが有効?

最近、セキュリティ機能がついている純正カーナビが車から盗まれる事件が多発しているとのことで、ニュースでも取り上げられていまいしたが、セキュリティを解除するコードが窃盗犯人の間で出回っているとのことで、それが原因で被害が広がっている?

そのような感じでニュースで取り上げられていたのですが、その際には車の窓ガラスを割って窃盗犯が車内に侵入して、それからダッシュボード周りを破壊して強引にカーナビを盗み出すため、カーナビよりも車の修理代の被害のほうが甚大になっています。

カーナビだけを綺麗に盗み出す窃盗犯ならまだしも、ドアをパールでこじ開けたり、窓ガラスを破壊したりして、それからダッシュボード周りも思いっきり破壊された愛車を観ると、それだけで気分が悪くなってしまって車の売却すら検討してしまうものです。

 

 

純正カーナビの盗難対策にはカーセキュリティーが有効?

 

セキュリティ対応の純正カーナビはダッシュボード内に元々取り付けられている為、車を離れる時に車外に持ち出すことは出来ませんので、そのため、窃盗犯が盗みやすい状態になることが多く、車を離れる時は盗難対策として保管場所が重要になります。

カーナビの窃盗被害に遭いにくい駐車場を選ぶことも大切ですが、車で移動をする際には常に安全な場所に車を保管できるとは限りませんので、その際にはカーセキュリティーが重要になるのですが、案外日本人はカーセキュリティーを付けない人が多いです。

その為、カーセキュリティーがついていない車で、純正のカーナビが取り付けられている車の場合、窃盗犯が狙いやすい状態にありますので、真っ先にカーナビ窃盗の車上荒らしの被害に遭遇する事になりますから、カーセキュリティーはとても重要なのです。

スポンサードリンク


 

 

カーセキュリティーの取り付けコストは5万円前後でも可能です。

 

カーセキュリティーといえば、クリフォードをチューニングして独自のノウハウと技術でランドクルーザーやNSX等の高額な車に取り付ける30万円位の費用がかかるので、高すぎる・・・と敬遠する人も多いのですが、車上荒らしの修理代はそれくらいです。

20万円前後のダッシュボードに取り付けているカーナビを盗まれた事によるショックに加えて車のドアや窓が破壊されてダッシュボード周りも破壊されて、配線がむき出してガラスの破片が車内に飛び散っている現場を見ると、殆どの人が凹んでしまいます。

その為、その際のカーナビの購入代20万円、更には修理代30万円、合計50万円の費用を負担して車の修理を行う・・・車両保険に入っていても到底納得できない損害になりますが、事前にカーセキュリティーをつけていれば5万円前後でも取り付け出来ます。

 

 

日本国内でもカーナビを狙った車上荒らしが増えている現状。

 

現在では、車そのものの盗難事件も増えていますが、それ以上にカーナビを狙った車上荒らしも増えていることから、カーセキュリティーの取り付けは殆ど必須になっていて、クリフォードでも取り付けていれば、窃盗犯は当然避ける傾向にあります。

ランドクルーザーやハイエースなどを狙うプロの窃盗団の場合、カーセキュリティーが取り付けてあっても、シャッター付きのガレージに保管していても、強引に盗む手口で車両ごと盗む手口もありますが、カーナビ窃盗対策はカーセキュリティーが有効です。

カーセキュリティーを装ったLED等もありますが、それらは簡単に偽物であることがバレてしまいますので、5万円前後の予算を高いと思わず、車上荒らしを避けるための保険だと思っておけば、取り付けに躊躇することはありませんので、取り付けましょう。

純正のカーナビがセキュリティー対策を施しても、それを解除する方法が窃盗犯の市場に広まっていくのは確実であり、窃盗被害を避けるためには窃盗犯が近寄りたくない、他の車を狙いたがる状況、すなわちカーセキュリティーで対策をすると安心です。

万が一、カーナビ窃盗被害にあってしまい、もうこの車には乗りたくない・・・と思った場合は、カーセンサー等の一括査定で高く売却をしてから新しい車を買いましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme