解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

雪が降る冬にはスタッドレスタイヤを装着した方がお得な理由

日本には春夏秋冬の四季がありますので、沖縄とか北海道等の極端に南や北に位置する都道府県を除き、大抵は夏は暑くて梅雨や台風などで大雨が発生して冬は寒くなり、雪が降って積もる環境が普通なのですが、これほど天候が変化する国は珍しいですね。

その為、車に関しても夏場と冬場では管理方法が異なってくるんですけど、バッテリーの関しては寒くて雪が沢山積もる地方の場合、寒冷地仕様のバッテリーを搭載したり、積雪の対策をしたりする必要がありますが、一番の変更点はスタッドレスタイヤです。

スタッドレスタイヤとは普段のラジアルタイヤとは異なり、雪の路面を走行することを前提に開発されているタイヤのことであり、スパイクタイヤやチェーンを付けたタイヤに近いので夏場の走行には向いていませんが、路面に雪が積もった場合は安定します。

 

 

雪が降る冬にはスタッドレスタイヤを装着した方がお得な理由。

 

日本の寒い冬の時期、通常のラジアルタイヤからスタッドレスタイヤに変更をするのは費用もかかりますしタイヤの保管場所も必要であり、タイヤには有効使用期限があることから余計なお金はかかるし効率も良くないってイメージがあるかもしれません。

しかし、それを考慮しても雪が積もる可能性があるのであれば、ラジアルタイヤからスタッドレスタイヤに変更をしておいた方が良くて、その理由もシンプルであり、ラジアルタイヤで雪が積もっている時に車を運転すると交通事故に遭遇しやすいからです。

多少の工賃やタイヤ代をケチってしまい、それで雪や凍結した路面で車がスリップしてしまって交通事故を起こしてしまうと車両保険に入っていてもその際の交通事故の負担はとても大きくて時間も事故対応で沢山取られてしまって割に合わない状態です。

スポンサードリンク




 

 

雪が降らずに路面が凍結しないならスタッドレスタイヤは不要?

 

冬になる度にタイヤをスタッドレスタイヤに交換するのは費用も必要で面倒って感じで年中スタッドレスタイヤを車に履かしておけば良いって思う人もいるかもしれませんが、スタッドレスタイヤは雪道や凍結していない路面ではデメリットしかありません。

ですから、一年中雪が積もっている外国などでしたらスタッドレスタイヤのみを装着って方法もあるんですけど、夏場は暑くなって雪が降らないし積もらない日本では、ラジアルタイヤとスタッドレスタイヤの使い分けをしないといけないのが面倒なのです。

スタッドレスタイヤは元々、昭和の時代には冬の雪が積もっている時にはタイヤにチェーンを取り付けていたんですけど、それをやるとどうしても道路が痛み金属片が散乱しますので、道路の負担を考えて開発されたタイヤで冬専用のタイヤになります。

 

 

スタッドレスタイヤを装着していない車は雪が降ったら運転しない。

 

どうしてもスタッドレスタイヤを装着するのが面倒っ場合の対応方法としては、雪が降っているときや路面が凍結している時は車を運転しないって判断を取るのが最も良くて、それにより万が一に発生するスリップによる交通事故を防ぐことが出来ます。

多少は大丈夫とか、運転に自信があるとか、勘違いをした満身が思わぬ交通事故を発生させてしまいますし、問題としては自分の運転に問題がなくても、他の車を運転しているドライバーが滑って突っ込んでくるなどは避けようがないので安全策を取ります。

基本的には雪が降ったら車を運転しないことで、運転をする場合はスタッドレスタイヤに交換をしておき、なるべく凍結した路面に合わせたタイヤにしておくことで、ラジアルタイヤよりはかなり安定性が向上しますから、是非検討をしておきましょう。

後は、冬場のもらい事故などでも最近では無保険の車が増えてきており、そのような車に追突をされた場合は相手が修理代を踏み倒す等も珍しくありませんから、可能な限り車両保険に加入した上で、スタッドレスタイヤと合わせて事前の事故対策を行います。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme