解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車のドアパンチ被害に遭遇した場合は証明が大変難しい

車を購入すると、どのような車であっても常に駐車場やガレージで保管しておく訳ではなくて、移動をする際の手段をして使うのが普通なのですが、その場合に問題になるのが出先の駐車場のトラブルですから、この対策は完璧な対策をするのが難しいです。

その理由は、自宅のガレージならセキュリティーを完璧に設置したり傷がつかない車庫を用意できるのですが、出先で車を保管する場合はコインパーキングや店舗の駐車場を利用することになるので、どうしても不特定多数の車が多く出入りするからです。

そこで一番問題になるのが、当て逃げによるドアパンチ被害であり、あからさまな当て逃げの場合は車が凹んでしまったり、動かない状態になりますから直ぐに周囲の人達も気がつくんですが、ドアパンチ被害の場合は、殆どステルス攻撃のような被害です。

 

 

車のドアパンチ被害に遭遇した場合は証明が大変難しい。

 

自宅では問題なくても、出先の商業施設やスーパー、テーマパークなどでは大量の車を保管する駐車場がありますので、そこに車を保管しておくと、車に戻ったらドアパンチ被害に遭遇している事も少なくありませんから、それを見ると相当凹んでしまいます。

このドアパンチ被害と言うのは、その被害発生した場合、加害者は気がつくことが殆どなのですが、被害者は車から離れていることが多くて、ドアパンチ被害に遭遇したことに気がついた頃にはもう加害者はその場にはいないって状態になってしまいます。

その為、ドアパンチ被害を確認した時にはその被害を証明するのが大変難しくて、ドアパンチ被害もパネル一枚分の修理代がかかってしまいますから、決して安い被害ではありませんので、たかがドアパンチ被害ですが、かなりの金銭的な負担になります。

スポンサードリンク




 

 

出先の駐車場でドアパンチ被害を防ぐにはどうすれば良いのか?

 

自分で管理できない出先の駐車場でドアパンチ被害を防ぐにはどうすればよいのか?といえば、なるべく端っこの駐車スペースを選んで車を保管するしか方法はなくて、それでも悪意がある人や運転が下手な人が付近で車の出し入れをするとガツンときます。

この場合は、ドアパンチ被害を防ぐことは出来ませんが、ドアパンチ被害に遭遇した場合にはクリフォード等のカーセキュリティーで対応をすることが出来ますので、それでドアパンチ被害の加害者を把握したり特定することが出来ますから、結構使えます。

カーセキュリティーというのは、車に振動を感知した時点で大音量で警告アラートの音を出して周囲人に車の異常を知らせるためのものですから、周囲に人が全くいない駐車場の場合は全く意味がありませんので、人気がない駐車場を避けるのが基本です。

 

 

出先の駐車場では綺麗な車や高級車の隣に駐車するのが基本です。

 

昔から言われている出先の駐車場でのドアパンチ被害の対策方法としては、綺麗な車や高そうな車の隣に止めておくのが良いと言った話であり、逆に古い車や汚い車、傷だらけの凹んだ車の隣に止めてしまうとドアパンチどころかガリガリとぶつけられます。

ドアパンチ被害の根本的な対策はそのような運転が下手であるとか、一般常識がない人とは接点を持たないってことなんですが、イオンとかコストコ等に車で出かける際にはどうしても用意されている駐車場内に車を保管するしかないので、注意が必要です。

対策は人が多い駐車場でカドッコなどを選ぶか、高級車や綺麗な車が止まっている横に止めるようにしておく、後は念の為車を離れる際には、付近の車の写真を撮影しておくなどになりますので、合わせてカーセキュリティーも取り付けておくとより安心です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme