解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車のタイヤは一番値段が高いモノを購入しておくべき理由

初心者の人程よく覚えておいて欲しいのですが、車のタイヤは絶対に妥協して選んではいけないものであり、車のタイヤを購入する場合は、車のタイヤに詳しくない人であれば、装着できるタイヤの中から価格表を見て一番高いタイヤを購入しておくべきです。

その理由はとても簡単で、タイヤ代をケチってしまうと雨の日に重大な交通事故を巻き起こしてしまうケースが大変多くて、一度でも雨に日に車をぶつけたり、交通事故に巻き込まれた人であれば、必ずタイヤだけは良いものを買っておくべきだと話します。

まだ、雨の日に交通事故をおこしたことがない人であれば、タイヤについても軽く考えている人も多くて、タイヤも4本セットで購入すると品質が良いタイヤなら5万円から10万円位はふつうにしますので、どうしても格安の1万円位のタイヤに目が移ります。

 

 

車のタイヤは一番値段が高いモノを購入しておくべき理由。

 

初心者の時にやってしまったんですけど、タイヤが明らかに車の性能に一致していない格安タイヤを履かしていたので、これだと溝も少ないし安定感も良くないので初心者でもこのタイヤでの運転は危険だと思っていたのですが、ついつい放置していました。

それでも、普通に天気が良い時の運転であれば、グリップが悪いとか程度の感覚であり次第に運転に慣れてきて調子になってくることには、格安タイヤが滑り出すような運転をするようになり、自分は運転がうまくなったと勘違いをして来るようになります。

それと同時くらいに運転をする航続距離も長くなっていき、最初は近場付近を恐る恐る運転していたんですけど、県外なども遠征運転をするようになり、その時に夜間の大雨の状態でそれまでと同じような運転をしているとあっという間に車は廃車になります。

 

 

車のタイヤをケチってしまうと余計に高い勉強代が必要になる。

 

日産のR35GT-Rでしたら国産車でもタイヤ代が50万円から100万円前後の価格帯になりますので、あまりに高額で驚いてしまう人も多いのですが、一般的な国産車の場合でしたら、タイヤ代はどれだけ高くても5万円から10万円もあれば4本セットで買えます。

スポンサードリンク


14インチから21インチなど、タイヤの大きさによってその価格がかなり異なるとはいっても、4本セットのセール品を買えば一番価格が高いグレードのタイヤでも10万円もあえれば十分購入出来ますし、タイヤの口径によっては3万円位で購入出来ます。

ケチってしまって4本で1万円とか2万円位の格安タイヤにしてしまうと、悪天候の日にそれが原因で車がスリップで制御不能になり最悪の場合は廃車になってしまう交通事故を引き起こしてしまい、相手を巻き込んだ交通事故なら多大なる損害が発生します。

 

 

格安タイヤを購入するなら一般車両保険に加入するのが無難。

 

雨の日の格安タイヤというのは、想像以上に制御が効かなくなり、グリップ性能も落ちてしまって特に運転に慣れていない初心者であれば、あっという間に車が回転していたとかガードレールにぶつかっていた、センターラインを超えていたなどになります。

この経験を一度でもしている人は、タイヤを購入する際には絶対に妥協しない事が当たり前になっているのと、更には雨の日にはなるべく運転をしないとか、急な操作に該当する運転をしないように心がけているのですが、経験がない人は結構無頓着です。

格安タイヤに拘って車の運転をするのであれば、悪天候の夜間の運転時には交通事故に巻き込まれるのが当たり前だと思っておいたほうが良いくらいなので、その場合は大抵は自損事故になることが多いですから、必ず一般の車両保険に加入しておきましょう。

 

 

格安タイヤはグリップ性能が悪く交通事故の発生確率が高くなる。

 

それを考えると最初からグリップ性能が良いタイヤを選んでおいたほうが良いのですが、格安タイヤをついつい購入してしまう人も結構多いので、格安タイヤは雨の日にはグリップ性能が極端に悪くなり、最悪の交通事故の要因になることを知ってください。

一般車両保険の保険料があまりに高くて困っているのであれば、自動車保険の一括見積で大手の保険会社から同時に見積もりを取り、一番安い金額を提示してきた保険会社の保険内容と保険料に納得できるのであれば保険会社を切り替えても良いですね。

輸入タイヤ直販店 AUTOWAY


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme