解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

日本の雪道に強い車はスタッドレスタイヤのジムニーで決まり?

最近は、日本全国的に過去最高クラスの冷え込みになっており、それに合わせて積雪が発生して、道路では交通事故が多発している危険な状態ですが、日本の雪道に強い車は何か?と聞かれたら、間違いないなくスズキの雪対策をしたジムニーになるでしょう。

雪対策をしたというのは、大口径のスタッドレスタイヤを履かせている状態のジムニーのことで、ジムニーって相当大きなタイヤをはかすことが出来ますし、その時には車高もかなり高くなることから、初心者でもとても安心で私もかつては運転していました。

日本の雪道って道路幅事態が狭くなる事が多くて縁石付近の雪はカチンコチンに凍って氷状態になっていることも多くて、車高が低い車だとそれにぶつけてしまっただけでパンクすることもありますが、雪対策仕様のジムニーなら初心者でも相当運転楽です。

 

 

日本の雪道に強い車はスタッドレスタイヤのジムニーで決まり?

 

実際に私も初心者の頃に相当大きなタイヤを履かしたジムニーを運転していましたけど、免許取りたての初心者の頃でもジムニーなら全然余裕で運転ができていましたし、車高が高くてパワーがなくてトルク重視のギア比ですから、スリップもなかったです。

これがRX7とかシビックタイプRとかで、ラジアルタイア(普通のタイヤ)を履かせていたら、初心者が雪の日に運転をしたら10分以内に事故を起こしてしまいそうなくらいですから、スタッドレスタイヤを履かせたジムニーは本当に雪道に強いのです。

また、ジムニーは車体が小さいので、雪の日には特に安心して運転をすることが出来ますから、ランドクルーザー200やプラドのような大きなクロカン4WDと比較しても、日本の積雪をした道路事情に大変マッチしていることと価格が安いのが素晴らしいです。

スポンサードリンク




 

 

今回の大雪でも友人のジムニーは余裕で都内を運転をしていました。

 

東京都内やその近郊でも久々に大雪になったようで、知り合いのプロショップの社長さんの工場では30㎝位の積雪があって、雪かきが大変ですよって笑っていましたが、流石にスポーツカーのお客さんは誰も来ない状態でもジムニーだけは余裕でした。

スポーツカーって雪に大変弱くて、GT-RとかNSXとか、天候が良い日には最大のパフォーマンスを発揮する大排気量のスポーツカーは積雪時にはスタッドレスタイヤを履かしていても危険な場合がありますから、殆どの人は運転しようとは思いません。

しかし、スタッドレスタイヤを履かしている友人のジムニーはこの悪天候の積雪が30㎝前後になっている道路を楽しそうに運転してしましたし、スピードが出ない分トルク重視の4WDで安定した走りを見せますから、本当に悪天候に強い車なんですよね。

 

 

初心者で雪道などの悪路を運転するならジムニーがお勧めです。

 

ジムニーは見た目が結構特徴的な車なので、人によっては好き嫌いも多く、絶対に受け付けないって人もいるんですけど、特に雪がつもりやすい地方に住んでいる人には特にお勧めが出来る車になりますし、小回りも効き、縁石にも大変強いのが特徴です。

ただし、天候がよい速度が出る高速道は大変苦手としている車なので、セカンドカーとしての役割の方が強い感じですが、荷物も人も乗せれて、狭い道路でも小さなボディですから安心して運転ができることから悪天候重視なら検討する価値がある車です。

大抵の人は最初にジムニーを購入しても、長距離を運転するようになると流石に運転に疲れるって感じるようになり、その時点で普通車に買い換える人も多いのですが、悪天候で大雪の日にどうしても運転しないといけない場合はジムニーだと心強いですね。

ジムニーを購入する場合は、現在の車を一括査定でなるべく高く売ってそれを元手に中古車を購入してもよいのですが、ジムニーって全然新車で購入する必要が無いですから、型落ちの中古を購入して悪天候用にセカンドカー所有しておくと何かと安心です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme