解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

ゴールデンウィークの運転前に靴下を購入しておく理由

ゴールデンウィークと言えば、最大の目玉的な大型連休ですから1週間、2週間と断続して休みを取得できる人も多いと思いますし、それにより車で普段は移動しないくらいの遠方まで出かける人も沢山いますので、慣れない長距離運転をしないといけません。

普段、1000キロ以上の高速道路を利用した運転を何度も行っている人でしたら、過去の経験から色々な知識を身に付けているのでしょうけど、普段殆ど車を運転しない人がカーナビを頼りに長距離運転をすると意外な問題が発生することがあります。

私も初めて1200キロの距離を車で運転した際には、想定していなかったトラブルや問題が発生してしまいましたけど、その後に何度か同じような距離を車で運転するようになった際には大凡の対策方法が分かってきたのでそちらについてご説明します。

 

 

ゴールデンウィークの運転前には靴下を買っておきましょう。

 

ゴールデンウィークの連休前に買っていおいた良い物の中に靴下があり、別に高いものではありませんからダイソーにいけば100円で幾らでも販売しているので、そちらでまとめて購入しておけば良いのですが、靴下は一度洗濯をしておく必要があります。

その為、事前に靴下を購入しておき一度洗濯をしてから、いつでも使えるような状態で車のトランクの中に保険しておけば良いので、気がついた人でゴールデンウィークに長距離運転をする予定がある人は出来れば、靴下を購入しておくのがお勧めです。

その理由としては、走行距離が500キロを超えて1000キロ超えるような運転をしていると、登山のときのような靴擦れのような状態が発生してしまい、踵の部分の皮が向けたり、出血をしてしまったりしますので、それを防ぐために靴下が必要になるからです。

スポンサードリンク


 

 

ゴールデンウィーク中の長距離運転の足の負担は登山と同じです。

 

特にMT車の場合、1200キロ位の運転になると左足の踵部分が腫れ上がってしまう可能性がありますから、靴下は事前に二重履きにしておいたほうがよくて、これも登山と同じく靴擦れを防ぐために靴下を使って足に掛かる負担を軽くすることになります。

また、長距離運転をしていると車のボンネット内がかなり暑くなるため、足元にも熱が伝わってきますから、ある程度の距離を運転していると途中のガソリン補給でサービスエリアによった際に、靴下を交換したほうが良いですから、予備が必要なのです。

靴下の場合、ゴールデンウィーク中に高速道路を使って長距離運転をしていると、どうしても入手が難しくて、一般道に降りないと入手が出来ないことが多いことや、大渋滞が発生してそれどころではなくなるため、事前に準備しておいた方が良いのです。

 

 

長距離運転後に違和感や痛みが一気に出るのを防ぎましょう。

 

仮に新品で購入しても新品だと、汗の吸収具合があまり良くないこともありますから、出先で急遽必要になった場合は仕方がないのかもしれませんが、事前に準備しておいたほうが何かと便利で邪魔にもならないので、靴下を用意しておきましょう。

これは、車を運転するドライバーだけの話であり、他の搭乗者に関してはいつもどおりで良いですし、途中で運転を変わってくれる人がいるのであれば、別に靴下の用意もいらないのでしょうけど、1人で運転する人であれば、是非用意しておくべきです。

運転しているときから足の踵が炎症をしたり出血をしてくると若干の違和感が出るんですけど、集中しているのか余り気になりませんが、現地につくと一気に足の違和感や痛みが出てしまい、現地での本来予定した活動に支障が出る場合もあります。

たかが靴下かもしれませんが、もしもの時は色々と役に立つことが多いので、トランクに普段から入れておくと、何かあった際には便利に利用できます。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme