解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

ドライブレコーダーを2個以上付ける場合はプロに相談がお勧め

最近、悪質な煽り運転などで重大な死亡事故が発生したり、タレントの飲酒運転事故等でひき逃げをされた人を偶然ドライブレコーダーが記録していたりと、車が関わる事件や事故の証明方法としてドライブレコーダーが日本国内で急速に広まりつつあります。

ドライブレコーダーの需要が増えて価格も安くなっていること、大容量のマイクロSDカードの価格も安くなっていること、取り付け方法も簡単なことから、簡単にAmazonで1万円前後で購入して車にドライブレコーダーを取り付けることが可能です。

しかし、ドライブレコーダーを取り付けたことのある人なら分かると思うんですが、1台だけなら電源をシガーソケットから取得して簡単に取り付けることが出来るんですけど前後ともに2台以上のドライブレコーダーを取り付けるとなると問題が発生します。

 

 

ドライブレコーダーを2個以上付ける場合はプロに相談がお勧め。

 

ドライブレコーダーを取り付ける際には、1台だけならシガーソケットから電源を取りますし、通常は前方の一台だけで全然問題は無いのですが、やはり、一度でも悪質な交通事故で嫌な思いをしたことがある人なら後方にも取り付けたいと考えるものです。

その際に、電源を取得する際にシガーソケットは1個しか車にないため、2代目以降のドライブレコーダーを取り付けるとなると電源は一体どこから確保するべきなのか?迷ってしまうことが多いのですが、その場合はある場所から電源を取ることになります。

そのある場所というのは、通常はオーディオの裏側にあるハーネスのことであり、常時電源を必要とする電化製品を取り付ける場合は、このハーネスから電源を取るのが普通ですから、より専門的な取り付けの知識が必要になるのでプロの相談がお勧めです。

スポンサードリンク




 

 

電源周りを素人が触ると思わぬトラブルになることがあります。

 

実際に、自分で車のオーディオを取り付けたことがある人でしたら、ハーネスから直接電源を取る接続方法も難しいことはありませんので、ドライブレコーダーの型番に合わせた専用の電源ケーブルを購入して、それを取り付けて2台目以降を取り付けます。

問題点としては、電源から直接電力を取る接続ケーブルはかなり割高な価格で売られていることが多く、ドライブレコーダーならメーカーによって異なりますが、大体5000円から8000円という驚くべき価格設定になっていることが多いのでご注意ください。

素人が無理やり電源周りを触ると、カーオーディオが可動しなくなったり、原因不明のトラブルが発生したり、高価な電源ケーブルを破損させたりと、ろくな状態になりませんので、若干の費用がかかっても最初からプロに相談をするのをお勧めいたします。

 

 

シガーソケットの二股接続も不安定になるので止めておきましょう。

 

最近では、シガーソケットの二股分岐ソケットなどが発売されており、それを取り付けると、複数の電源をシガーソケットから取得できるのですが、突起物が相当じゃまになることは避けられず、運転時の安全性も悪化しますし、電源も不安定になります。

基本的にドライブレコーダーはそれなりの安定した電力が必要なため、常時電源を取得する状態になりますので、シガーソケットで二股などを安易に考えるのではなくて、最初からドライブレコーダーの電源は、ハーネスの電源ユニットから取得するのが基本。

ただし、それをするとドライブレコーダー2台分の購入費用、割高な専用電源ケーブルの購入費用、プロに相談をした場合の取付工賃等が必要になり、1台のときよりも数倍の初期コストが掛かりますので、最初は1台だけで運用して見るのが現実的ですね。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme