解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

交通事故で銀行員の相手から警察を呼ばないでとのご相談

車の運転をしていると、いつどのような交通事故に巻き込まれるか分かりませんので、自分の運転に絶対の自信がある人であっても、必ず任意自動車保険に加入してから車の運転をしているのは皆さんご存知のとおりになります。

そこで、実際に自分が運転する車が交通事故に遭遇した場合に、警察を呼ばなかったらどうなるのかについて、実際にそのような事故に遭遇したことがありますので、その件についてご説明をしたいと思います。

 

 

レンタルビデオ店の駐車場で車が大破した。

 

以前、レンタルビデオ店の駐車場に車を止めていると、突然店内でアナウンスが始まり、私の友人の車のナンバーと車種に該当する人を呼び出している人がいるとの事で、一体何がおこったのかと思い、早速カウンターまで行ってみると・・・。

知らない人がそこにはまっていて、どうやら車をぶつけてしまったので、その件でお詫びのご連絡がしたいとのことで、大変怯えたような様子でレンタルビデオ店のカウンターにて待っていたようなんですけど、実際に車を見てみるとこれは酷い状態です。

レンタルビデオ店の駐車場に駐めていた車のフロント部分が大破してしまっていて、どうやら駐車場での事故だったらしいんですが、レンタルビデオ店の中に入ると結構BGM等がうるさくて気が付かなかったんですけど、ちょっとこれは酷い状態でした。

それで、相手の人が間違えてぶつけてしまったので申し訳ありませんとその場で謝罪をはじめてきて、それから車の修理代は全額払いますので、警察は呼ばないでくださいと嘆願をしてきたので、どういった理由なのかを確認してみることにします。

 

 

修理代は全額払いますので、警察を呼ばないで欲しいとの相談。

 

どうやら、この事故を起こした相手の人は銀行員の方らしくて、交通事故を起こしたことが銀行に発覚すると立場上大変まずいとのことらしく、それで、修理代は自腹で全額払いますので、警察は呼ばないで欲しいと相談をしてきています。

基本的に交通事故の場合は、その場で警察を呼んで調書を作成しておかないと、後で相手が交通事故がなかったものとして対応してくることもありますし、保険会社から保険金を取得する場合も事故証明が必要になりますので、普通はこれは無視できません。

スポンサードリンク




ただ、友人は相手の方が銀行員として働いている事を考えて、どうやらこの場では警察を呼ばずに、相手の連絡先を確認した上で、最低限度の修理をする流れで話をつけていきましたので、相手の方も大変嬉しそうにしながらその場で頭を下げるのでした。

その後、車を自動車板金工場に持ち込み、かなりの金額がかかった修理だったんですけど、無事に車の修理が終わることになり、相手の銀行員の人に連絡をしてから、かかった修理代について友人が請求をすることになります。

代車費用は板金工場の代車をつ使っていたので相手に請求することはありませんでした。

通常、板金工場に車の修理を出す場合、その場で修理が終わることはありませんので、必ず代車を貸してくれることになりますから、それを使えば代車代も必要ありませんから、友人は普通にそれの対応をしただけになります。

結局、レンタルビデオ店で車をぶつけてきた銀行員の相手の方が全額修理代を支払うことになり、無事にこの交通事故の処理が終わったんですけど、警察に全く連絡しなくてもスムーズに事故処理が終わった事例になるかと思います。

 

 

基本的には交通事故の際には必ず警察を呼んで調書を作成します。

 

警察を呼ぶか呼ばないかに関しては、交通事故の当事者である友人の判断になりますから、本人の勝手なんですけど、通常の交通事故の場合、警察をよんでおかないと、この事故の銀行員の方のように誠実な相手ばかりでありませんので、相手から警察を呼ばないように嘆願されてもそれを真に受けないほうが良いかと思います。

後々、そんな事故は知らないと主張されてしまうと厄介ですし、相手がぶつかってきた事故であっても、あなたの方からぶつかって来たと主張されてしまうと、なかなかそれを証明するのは難しい場合もあります。

このような場合で、自分の判断で警察を呼ばない状態で交通事故の処理をするのであれば、やはりドライブレコーダーを取り付けておいた方が後々良いのではないかと思いますけど、いずれの場合であっても通常は警察を直ぐに呼んだほうが無難です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme