解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

ドライブレコーダーで一番重要なのは何を記録したいのかです

最近、運転中のトラブルなどが多く報道されるようになってきていることもあり、ドライブレコーダーの売上が爆発的に増えてきているようですが、ドライブレコーダーはただ取り付ければ良いというものではなくて、目的を持って取り付けないといけません。

ドライブレコーダーはどれも同じだと思うかもしえませんけど、レンズや耐久性、信頼性がメーカーや型番によって異なりますから、本来目的を持って購入したのであれば、その目的を達成出来ないドライブレコーダーであれば全く意味がない状態になります。

通常、ドライブレコーダーは交通事故の際の事実を証明するために取り付けているものであり、まれにドライブ中の記録をしたい人は常時録画をしながら風景を記録している人もいるのですが、大抵は交通事故の時に自分の主張を証明する為に利用しています。

 

 

ドライブレコーダーで一番重要なのは何を記録したいのかです。

 

ドライブレコーダーの性能によってGPSで事故当時の移動を速度を証明したい場合、ブレーキやアクセルペダル操作の確認をしたい場合等は大抵が商業車に取り付けられてリルドライブレコーダーに求められる機能であり、一般向けでは重要ではありません。

一般の人がドライブレコーダーに求めている機能は、交通事故の際の相手の特定、いわゆるナンバーの証明が圧倒的に多くて、その次に衝突をしているかどうかの証明になるのですが、特に相手のナンバーを記録できるかどうかは大変重要な要素になります。

逆に、一般の人でもナンバーの証明についてはそこまで重要ではなくて、車の挙動やぶつかったかどうかを確認したいのであれば、そこまでの録画性能は必要ないことになりますから、価格が低めでコンパクトなドライブレコーダーも選択肢に入ります。

スポンサードリンク




 

 

夜間にナンバーが記録されないドライブレコーダーでは意味がない?

 

ドライブレコーダーの映像を色々みてきた感想としては、殆どのドライブレコーダーが走行中の相手車両のナンバーを正確に記録できていない事が多くて、その理由は解像度の低さと、実際には解像度はフルHDなんですけどカメラ性能が低いことが多いです。

更に高画質をアピールしているドライブレコーダーであっても、夜間の映像記録の劣化が酷くて、肝心の相手のナンバーが記録されていないケースも有りましたから、完璧に相手のナンバーを記録するのであれば、レンズ性能が高い高性能な機種が必要です。

ただし、ドライブレコーダーは性能が良くなるほど大きくなりますし、価格も高くなるので、予算との兼ね合いもありますし、耐久性や信頼性に不安がある機種もありますから、実際に購入しないと分からない博打的な要素もあるのがこの業界の欠点です。

 

 

ドライブレコーダーはあくまで保険の一種で完璧ではない事を理解。

 

ドライブレコーダーを取り付けていると、交通事故映像が記録されているので何があっても安心だと思ってみれば実際に交通事故が発生して映像を見てみると、相手車両のナンバーは記録されていないし、ブロックノイズで画像が悪化しているかもしれません。

その場合は、ドライブレコーダーの映像は証拠として使えなくなることも多いですから、あくまでドライブレコーダーは保険的な意味合いで取り付けるものであり、予算に合わせて記録される映像の信頼性が変わり数年で性能が別次元になると思って下さい。

交通事故対応のドライブレコーダーを完璧にやろうとすると、車の前後左右にドライブレコーダーを取り付けることにもなりかねませんが、それは現実的ではないので、多くの人がフロントガラスのみに1台を取り付けて、もしもの時の映像を記録しています。

ですから、ドライブレコーダーを購入して何をしたいのか?、よく考えておきナンバーを正確に記録したいのであれば、その時点で新型でなるべく新しい大きなレンズが付いているドライブレコーダーを選択し、そうでないなら10000円前後でも大丈夫です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme