年末年始の車の運転は特に注意しないといけない理由

年末年始になると実家に帰省する人も多く、家族が増えているのや、地方に移動した際の利便性から、車を選んで移動する人も多いのですが、その際には特に運転に注意が必要ですし、地方で普段から車を運転している人であっても、特別な注意が必要です。

その理由は色々とあるんですけど、普段運転をしない人が長距離運転や知らない道路を運転することも多く、更には車に多くの人が搭乗していて、普段一人で運転している時人は異なり、車の挙動が大幅に異なっていて、普段どおりの運転だと制御出来ません。

また、都会の人は信じられないかもしれませんが、地方の人は飲酒運転を日常的に行っている人も多くいて、自分が交通ルールを守っているから大丈夫ではなく、平然とセンターラインを超えて正面衝突をしてくるドライバーなど、事故に巻き込まれる訳です。

 

 

年末年始の車の運転は特に注意しないといけない理由。

 

日本の年末年始といえば、最も気温が下がる冬の時期になりますから、時間帯によっては路面が凍結して滑りやすくなっていて、特に橋の上の道路は深夜早朝はほぼ、道路は凍結していると思ったほうが良いくらいなので、気をつけないと車が滑り始めます。

年末年始ですから、大晦日や正月がいっきにきて、気分的に舞い上がってしまっているってのもあるのでしょうけど、この時期に車の交通事故を起こしたり、変なドライバーの運転に巻き込まれたりなどをして、家族で死亡ってニュースが必ず報道されてます。

一番良いのは年末年始は車をなるべく運転しないことで、また、どうしても運転する場合は、昼間の明るい時間帯だけにしておき、夜はなるべく車を運転しないこと、地元で運転になれていると思っていても、なれていない初心者ドライバーは対応出来ません。

スポンサードリンク




 

 

年末年始に交通事故を起こすと大変なので避けるべき?

 

好きで交通事故を起こす人はいませんが、特に年末年始の運転は初心者ドライバーや土地勘のない人、更には飲酒運転をしている人など、様々な不特定多数の要素があり、保険に入っていれば良いって訳には行かず、交通事故を起こしたあとの自己処理も大変。

当然ですが、日本の警察は年末年始も営業をしているので、警察は電話をすればすぐに対応してくれますが、保険会社とか車のディーラー、板金工場等はそうはいかないことも多い事、出先で交通事故を起こすと、後で何度も現地に行くので本当に大変です。

交通事故に巻き込まれても、死亡事故にならないのであれば、不幸中の幸いでしょうけど、車が全損したり、移動先で車が自走できなくなり、家族で楽しみだった帰省が最悪の雰囲気になる等、ろくな事がないので、普段の何倍も注意をしないといけません。

 

 

長距離運転をする場合なら二人以上の運転手が望ましい。

 

家族が帰省するので、空港まで迎えに行くとか、地方の場合は空港まで100キロ以上も車で運転をしないといけないことも多く、その場合、できれば運転免許証を所有していて、運転できる人を二人以上は確保して、どちらも前方の席に座ったほうが良いです。

後ろ側には運転ができない人をのせておけばよく、その理由ですが、普段から車を運転している人が前方のシートに座ると、危険な状態を察知する確率がかなり高くなりますので、前方からおかしい車が来る場合、路面がおかしい場合などの対策が可能です。

年末年始は、普段は道路には存在しない落とし物があったり、大渋滞でイライラして、無理な追い越しをしたり、カーナビに完全に頼って土地勘の無い人が、無謀な運転をしたり、飲酒運転をしている車が沢山いて、そのカオスの中で運転をする事になります。

年末年始の交通事故は家族が全員死亡するとか、仮に無事でも大怪我をして正月から親族が大騒ぎになる、更には予定が全てキャンセルになる、車の修理が直ぐに出来ない、その後に交通事故現場を管轄する警察に何度か行く必要がある・・・最悪なのです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク