他人に車を貸してはいけない理由と使用者責任問題

車を購入すると、それを聞きつけた友人などから連絡があり、隣に乗せてほしいとか、そう言った感じで、新しく購入した車についての相談が来ることがよくありますし、自分で購入した車についての話をされる事自体は全然迷惑でもありません。

ただし、車について連絡をしてくる内容の中で、車を運転したいので貸して欲しいと言った相談を受けた場合、免許取りたてでまだ車のことがよく分かっていない人なら、ついつい車を貸してしまうことになるかもしれませんが、これはお勧め出来ません。

一般常識的な話として、新しい車を購入したことを知り、その人に他人の車を貸してくれなどと普通の人なら、そのような相談を持ちかけたりお願いをすることなどはありえませんので、その時点で一般常識がない人だと判断して絶縁しても良いくらいです。

 

 

車の所有者には常に使用者責任が発生します。

 

免許取りたてで車を購入したばかりの人ならまだ知らない人もいるかもしれませんけど、車の場合、その車検証に記載されている所有者、実際に使用している使用者については常に責任を取らないといけない使用者責任といった義務が発生しています。

これは、車の所有者が運転していない場合、他人が運転している場合に交通事故を起こした場合でも、その所有者が責任を取る必要があるということであり、この場合の責任は民事上の問題になるのですが、そのままお金の話になるので大変シビアな問題です。

例えば、友人に車を貸して交通事故を起こしてしまい、相手の被害者の方が重体になってしまったり、死亡してしまった場合、その友人に支払い能力がなければ、当然、車を貸してしまった所有者にも責任が発生することになります。

この場合、任意自動車保険に入っていれば賠償に関しては保険で対応できる部分も多いんですけど、友人が飲酒運転やひき逃げなどをこなった場合、飲酒運転をすることを知っていた場合などは、また別の問題が発生することになります。

スポンサードリンク




 

 

他人に車を貸しても貸す方には何のメリットもない。

 

車を他人に借りる方からすれば、無料で車を借りて車の運転ができる訳ですから、それでガソリン代すら支払わない場合は相当なメリットが発生することになりますので、他人の車を借りる理由は沢山有るわけですが、貸す側は何のメリットもありません。

家族が運転するような場合でしたら、保険の契約内容さえしっかりしておけば問題はないのでしょうけど、全く関係のない他人に車を貸すような場合、自分の車をその間は使えなくなりますし、相手が事故を起こせばその責任を負わされる場合もあります。

また、車両保険に加入していない場合で、交通事故の過失割合が0%以外の事故の場合を除き、自分の車の修理代も負担しないといけなくなりますし、他人に車を平気で借りるような人は修理代の支払い能力すらないことが当たり前だと思った方が無難です。

善意で車を貸してしまい、その後に重大なトラブルが発生してしまうリスクを好意的に背負う人は普通はいませんので、大抵は車の使用者責任の事を知らない人が、ついつい善意で車を他人に貸してしまうことになるんですけど、借りる方は確信的なのです。

 

 

車を貸してくれと相談する人がいれば縁を切ることも検討。

 

通常は、親族の場合を除き、車が必要になれば自分で車を買えばよいだけですし、今でしたら何処に行ってもレンタカーのサービスが有り、1日借りても10000円以下でレンタカーを借りれる時代な訳ですから、それで他人の車を借りる理由はないのです。

もし、平然と車を貸して欲しいと相談をしてくる相手がいれば、レンタカーを借りれば良いことを説明するようにしておき、それで納得してレンタカーを借りるような相手であれば今後もおつきあいを継続し、その話を聞いても更に車を貸してくれと相談してくる相手であれば、もう縁を切ったほうが良い相手であると判断したほうが無難です。

使用者責任の問題は、裁判所も絡んでくることもありますし、他人の事故のせいで任意自動車保険のノンフリート等級が下がったり、保険会社が契約更新拒否をする恐れがある訳ですから、それを考えると安易に対応して良い問題ではありません。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク