解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車のエンジンが動かない場合の対策|バッテリー充電器

普段、毎日のように車に乗っている人であれば殆ど発生しないトラブルになるんですけど、海外などに出かけることが多い人や仕事が忙しくて普段は殆どクルマに乗ることが出来ない人の場合、久々にエンジンをかけようとするとエンジンが掛からない・・・。

多分、このような状態になってしまって、車が壊れてしまったのではないかと大慌てをすることになるのですが、実際には車そのものが壊れているわけではなくて単純にバッテリーの残量がなくなっているか、バッテリーが寿命を迎えているかのどちらかです。

大抵は、一瞬エンジンがかかるようにキュルキュル、カチカチと音がなって、元気がない感じでそのまま力尽きてしまう状態になっていると、先ず確実にバッテリーの残量がなくっているか、バッテリーが寿命を迎えているかのどちらかになると思って下さい。

これまで、車のエンジンがかからない原因で車が壊れていた経験はないのですが、古い車の場合は、稀にヒューズが飛んでしまっていてエンジンがかからないこともないわけではありませんので、バッテリー以外にも要因がある場合もあります。

 

 

車のバッテリーは2ヶ月も放置していると残量がなくなってしまいます。

 

私の場合も最近は数ヶ月単位で長期間に渡って車を放置していることも多くて、久々にエンジンをかけようとすると車のエンジンがかからずに、キュルキュルと音がしながらそのまま元気がない感じでいくらキーを回しても全く反応すらしなくなります。

この症状は車のバッテリーの残業がなくなっている状態ですから、この場合は車から一旦バッテリーを取り外して自宅に持ち帰り、車やバイク、船舶のバッテリー専用の受電気を使って数時間に渡って家庭用の電源から充電を行うことになります。

これまでの経験から言えば、バッテリーの残量が満タン位ある場合は1ヶ月程度放置しておいても何とかエンジンは稼働する感じなのですが、流石に2ヶ月間位放置した場合は、バッテリーの残量もなくなってしまうようで、全くエンジンはかかりません。

スポンサードリンク




基本的に車はあまりに放置しておくと、あちこちに不具合が発生してしまいますので、決して良いものではないのですが、事情があって運転できない場合は流石に仕方がありませんので、その場合はバッテリーが使えなくなる事を知っておくと便利です。

では、車のエンジンが掛からない場合、大抵はバッテリーの残量がなくなっていることが原因になっている為、バッテリーの残量さえ回復させてしまえば、後は普通に使えるということですから、その場合にどうすればいいかをご説明します。

 

 

車のエンジンが掛からない場合はバッテリーを自宅に持ち帰り充電します。

 

通常、車のバッテリーはボンネットかトランクルームの中に固定されて収納されているんですが、簡単に取り外しができるようになっていますので、レンチなどを使ってバッテリーを車から取り外してから自宅に持ち帰ることになります。

ここでの注意点は、車のバッテリーは想像以上に重たいので、持ち運びの際に怪我をしないことに注意することと、軍手を装着して万が一のトラブルに備えること、逆さまにしたり横にしたりするとバッテリー液がもれて大変危険なので平行に保つことです。

それにさえ注意しておけば、後はそれほど難しい話ではありませんので、自宅の通気性の良い部屋で車専用のバッテリー充電器を使ってバッテリーのプラスとマイナスの端子に充電器から伸びている洗濯バサミのような物を付けて充電を開始します。

注意点はバッテリーのプラスとマイナスを間違えないことであり、この部分だけは身長にしないといけませんけど、大変わかりやすく充電器本体や説明書にそれが書かれていますので、普通の人であれば間違えることはないかと思います。

車のバッテリー用の充電器は普段は頻繁に使うものではありませんが、もしもの際にあれば大変便利なツールなので価格も5000円から12000円位ですから、もしものために1台購入しておくと便利です。

値段の違いは大抵は充電時間の違いになりますので、別に価格が安いものを購入したからと言って、充電に不具合が発生するわけではありませんのでご安心下さい。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme