解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

運転中に車のタイヤがパンクをした際の対処方法

車の運転をしていると滅多に無いトラブルなんですけど、普段からきちんとしたメンテナンスをしていても、稀にタイヤが突然パンクすることがありますので、その際にはどのような対処方法を行えば良いのかについて、ご説明したいと思います。

車のタイヤがパンクする原因は色々とありますが、一番大きな原因は釘や金属などの突起物を前輪で跳ね上げてしまって、それが後輪に突き刺さってパンクするパターンですから、道路上にそのような危険物を落下させている相手に何とかして欲しいものです。

ただ、釘や金属の破片については、誰が落としたのかすら分からない事が普通ですから、それが原因で車がパンクしたとしても、誰を責めることなく自分で修理代を負担するしかありませんので、万が一パンクした時は釘を落とした犯人探しは諦めましょう。

 

 

運転中に自宅付近で車のタイヤがパンクしたらどうすればいいの?

 

では、車を運転中にタイヤがパンクしてしまった場合、事故現場がそれ程自宅から遠くない場合は、タイヤからアルミホイールがこすれるような異音が発生していない状態でしたら、ゴムがこすれるような音はしますが、そのまま運転して帰ることが可能です。

車のタイヤの場合、パンクをしても余程のひどい状況でなければ、ある程度は運転ができるようになっていますので、一度自宅の車庫に持ち帰ってから、自分でスペアタイヤに交換をするか、JAFやソニー損保に電話をすれば出張でタイヤ交換してくれます。

自宅に持ち帰ってパンクしたアルミホイールを外した場合、スペアのスタッドレスタイヤ付きのアルミホイールがあれば、それをそのまま交換できますので、サイズが小さいことが多いスペアタイヤに交換するよりも快適になることが殆どです。

私の場合は、もしものときに備えて、必ず2個セットで常に交換できるタイヤ付きアルミホイールをスペアとして倉庫に保管していますので、安心なんですけど、使わない時は本当に邪魔になるので困ったものです。

 

 

タイヤは品川パーツで購入していつもの車両整備に持ち込むと格安。

 

後は、品川パーツで交換用のタイヤを購入し、その状態でタイヤの専門業者か、いつも車両整備をしている自動車整備工場にタイヤと外しているパンクしているタイヤとアルミホイールを持ち込めば、整備工場が後は全てやってくれますので一安心。

この場合、JAFに加入するか、ソニー損保のようにロードサービスに対応した保険会社に事前に加入しておく必要がありますので、ロードサービスとのレスキュー契約をしていない人がいれば、何かあれば便利なので早めに契約をしておくようにして下さい。

スポンサードリンク




ロードサービスに加入していない場合は、自分でタイヤ交換をしないといけません。

 

 

自宅から遠く離れた場所でタイヤがパンクした場合はどうしたら良い?

 

私の場合、以前、車のタイヤが運転中にパンクした際に自宅から100キロ以上離れている場所(凍結した富士山の道路)でパンクしたことがあるんですけど、そのままなんとか速度を出さずに、真っ暗な道を1人で運転して帰ったこともあります。

その際には雪道に激突して動けなくなっている車が結構いたんですけど、あまりの悪天候で前が見えずに雪の中に埋もれていた尖った富士山特有の石が突き刺さってしまいました。

何か問題になることがあったかと言えば、特に何ら問題はなく、翌日以降に自動車整備工場に持ち込んで、タイヤの交換修理を行いましたので、それでタイヤのパンク修理は無事に終わった訳なのですが、案外、タイヤがパンクしても車は運転できます。

ただ、状況により長距離運転はアルミホイールにダメージが加わる恐れもありますので、なるべく早めにパンクの修理をしたほうが良いので、出来ればその場でスペアタイヤに交換をして方が良いのでしょうけど、スペアタイヤの交換は案外難しいのです。

 

 

スペアタイアの交換が必要になったらロードサービスに依頼をする。

 

車のタイヤを交換する場合、元々ついているアルミホイールだろうと、スペアタイヤだろうと、必ず車をジャッキアップしてから交換をしないといけませんので、これまでその作業をやったことがない人にはかなり難易度が高い作業になります。

その理由としては、車のトランクには大抵の場合、緊急用のジャッキとアルミホイールのナットを外すためのレンチが備え付けられているんですけど、その簡易的なジャッキを使って車を上げるのは結構しんどいですし、慣れていないと危険度も高くなります。

また、レンチにしても十字レンチやトルクレンチなどでしたら使い勝手もよいのですけど、トランクに入っている緊急用のレンチの場合、どうしても使い勝手が良くないので、結局のところ、最初からロードサービスに電話をしたほうが早いのです。

私も、タイヤ交換を自分でやる際の面倒くささを知っていますので、パンクをした際にはソニー損保に電話をしてロードサービスに指定の場所まで来て頂いて、タイヤ交換をしてもらっていますが、時間的にもそちらの方が早いことも多いです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme