ゴールデンウィーク中はガソリン満タンで運転する理由

日本の代表的な大型連休の一つに、ゴールデンウィークがありますので、長い人では2週間くらいの休みを取る人もいますし、少ない人でも殆どの人は連休を取得出来ますので、海外旅行に出かけたり、実家に帰省したりする人も沢山いらっしゃいます。

普段車をあまり運転しない人でも、新幹線や飛行機などは大混雑をすることが多いため、小さなお子さんを連れての移動は大変なことや、田舎に帰省する場合は、地元で車がないと移動が不便な為、仕方なく普段慣れていない車で帰省する人も沢山います。

 

 

ゴールデンウィークの高速道路では必ず大渋滞が発生します。

 

その結果、日本全国の高速道路で大渋滞が発生してしまうことになるのですが、実際にゴールデンウィーク中の高速道路の大渋滞にハマってしまった経験のある人ならご存じでしょうけど、本当に車が全然動いてくれませんし、先の見えない渋滞です。

日頃から東名高速などの高速道の長距離に及ぶ大渋滞に慣れている人でしたら、それでも問題はなく対応できているのでしょうけど、都会に住んでいる人は車を持っていてもサンデードライバーで精々週末に買い物に出かけるくらいの人が沢山います。

その為、ゴールデンウィーク中の大渋滞等は経験したことがない人も少なくない為、その場合は色々と深刻な問題に発展することもありますので、事前に何に注意をしておいたほうが良いのかについて、知っておいたほうが良いのでご説明したいと思います。

 

 

ゴールデンウィーク中に高速道路を運転する際にはガソリン満タンで。

 

普段から、ガソリンを満タンで購入している人なら何ら問題はないんですけど、ガソリン代が勿体無いとか、満タンにしたくない考え方の人は、普段は2000円分とか、20リットルとかで数量や金額で制限をしてガソリンを購入している筈です。

その為、ガソリンタンクは常に半分くらいを少し超えていれば安心になり、普段からそれで運転しているので、ガソリンが無くなったらその都度ガソリンスタンドで給油をすれば良いと思うかもしれませんが、ゴールデンウィーク中の連休は甘くはありません。

スポンサードリンク




一旦、高速道路に入ってしまうと、あまりの渋滞で車が動くことはなくて、車内もエアコンをかけっぱなしでどんどんガソリンは減っていくしで、次のPAやサービスエリアに到着するのはいつになるかわからないし、ガソリンスタンドは凄まじい大混雑です。

 

 

ゴールデンウィーク中のガソリンの燃費は極端に悪くなります。

 

その為、疲れてしまって、次のサービスエリアでガソリンを補給すれば良いと思いながら、その場を離れても、また大混雑している状態が変わらない為、それを繰り返しているうちに、いつのまにやらガソリンが無くなってしまいガス欠でエンストになります。

ゴールデンウィーク中の高速道路は普段の高速道路とは異なり、断続的な大渋滞は当たり前で、それが長距離に渡って及んでいる為、ガソリンの補給が大変難しくなることも多く、渋滞でエアコンガンガンでは、燃費も悪くなる一方です。

その結果、高速道路に入る前にガソリンを満タンにしておかないと、常にガソリンがいつなくなるかの不安との戦いになることも多くて、高速道路でガス欠になって動かなくなった車をゴールデンウィーク中によく見るのは、そういったい理由があります。

一度ガス欠になると、レスキューも大渋滞の中では容易には移動できませんので、暑い中貴重な連休中に長時間高速道路で立ち往生をしないといけなくなりますので、ガソリンを満タンにしておけばよかった・・・、そう思っても時既に遅い訳なのです。

 

 

ゴールデンウィーク中は車のガソリンを常に満タンにしておきます。

 

ゴールデンウィーク中に車で長距離の移動をする人は、交通事故に合わないように点検をしておくのも重要なんですけど、案外忘れがちなガソリンを常に満タン状態にして高速道路を利用する事を忘れないようにしておいてください。

基本的に高速道路内のサービスエリアでガソリンを補給しない位の気持ちで運転をしておいたほうが精神的にもよろしいですし、1000キロ位の長距離運転をする人ならガソリンを補給するサービスエリアを事前に決めておき、1回補給する位にしましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク