解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

無保険車との交通事故の対策なら人身傷害と車両保険

かつては自動車保険と言えば、自分が交通事故を起こした際に相手に賠償を支払うために加入していた人が多かったのですけど、最近では事情が関わってきていて、保険の代理店と話をしたんですが、自分の身を守る為に、保険に加入するようになっています。

自動車事故の場合、必ず過失割合と言うものが存在していて、どのような交通事故であってもお互いが動いていた場合は100対0になることはなくて、どちらかが完全に悪い状態にはなりませんので、その場合はぶつけられた方も多少の負担が発生します。

例えば追い越し車線を暴走してきた車がスリップをしてぶつかってきた場合でも、普通に安全運転をしていて何ら落ち度がないと言っても、その場合の過失割合は20%前後になることが多くて、修理代や病院代の20%は自己負担をしないといけません。

交通事故でぶつかって来た相手が100%悪くなるケースは、信号無視で激突してきた場合、センターラインを超えて対向車が激突してきた場合、赤信号で完全停車中に相手が激突してきた場合であり、それ以外は必ず過失割合が発生することになります。

 

 

増え続ける無保険車の影響で過失割合の意味がなくなりつつある現状。

 

交通事故の被害にあった場合、何の落ち度もない運転をしていた被害者側としては過失割合についても納得ができないことが多いのですが、現在は過失割合の問題よりも、相手が任意自動車保険に加入していないことのほうが問題になってきている現状です。

自動車事故の保険料が払えないとか、そもそも車検すら受けていない無保険車であるとか、そういった車に乗っている人が年々増えていることがあり、不景気が長引いている事が要因なのかもしれませんが、今後、この問題が改善する事は難しいといえます。

相手が無保険車の場合、信号無視で激突してきて相手の過失割合が100%であり、こちらの0%の場合であっても、自動車保険に加入しておらず、支払い能力も全く無い場合は、現実問題として修理代や入院代等を請求しても全く意味がありません。

スポンサードリンク


最近はこのような交通事故の被害に遭遇する人が増えてきているため、保険の代理店も人身傷害保険と車両保険への加入をするように提案していることが多いそうで、予算の都合でそれらがつけれない人の場合は、無保険車の説明を詳しくするそうです。

 

 

無保険車との交通事故に遭遇したら人身傷害と車両保険で対応。

 

交通事故に相手にすべての責任がある交通事故であっても、その責任が取れない相手の場合は全く意味がありませんので、その場合は自分の自動車保険を使って、怪我の治療や車の修理、代車の手配等をすることになりますので、もしもの保険が役に立ちます。

対人無制限、対物無制限に加入していても、それは交通事故を起こした相手の入院代や治療代、相手の車に対する補償を約束する保険ですから自分自身や自分の車の修理代には使えませんので、そこで威力を発揮するのが人身傷害と車両保険になります。

人身傷害と言うのは、過失割合に関係なく、交通事故の際の入院代や治療代、通院代などを全額負担してくれる保険のことであり、これにはいっていない場合は、相手が無保険で自賠責にも加入していない場合は、全額自分で病院代を負担しないといけません。

車両保険の人間バージョンと表現すれば分かりやすいかもしれませんけど、車両保険が自分の車の修理代を保証する訳ですから、二つの保険は必ずセットで加入しておいたほうが良くて、相手が無保険であるとか無車検等の常識がない相手なら役に立ちます。

人身傷害と車両保険については、この二つをセットにすると保険料が跳ね上がるため、躊躇している人も多いかもしれませんが、交通事故の相手が必ず一般常識がある相手とは限りませんので、それを考えると可能な限り加入しておくべき保険になります。

保険料が高くて困っている場合は、自動車保険の一括見積などを行い、なるべく安い保険会社と契約していけば、保険料を抑えて補償が十分得られる契約になるでしょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme