解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

駐車場のドアパンチでエコノミー車両保険は使える?

車を運転している以上、必ず出先では何処かの駐車場に車を保管しないといけませんので、例えば高速道路のPAであるとか、スーパーやコンビニ等、常に車に乗っている人ならいざしらず、大抵の人は目的地付いたら車をおりて、そこで目的を果たします。

その際に車に戻ってみると、見たこともない傷や凹みを発見してしまって、唖然となったり激怒したりしてしまうのですが、その際には既に犯人は逃亡してしまっている事が大半であり、結局は被害者が自分で何とかしないといけないことが殆どです。

このドアパンチについては、私も何度か経験が在るんですけど、頻繁に車を使う場合、どれだけ注意しておいても、長時間車から離れるほどその可能性が高くなることもありますし、肝心のドアパンチで傷をつけた加害者がそれに気が付かない事も多いのです。

悪意があって黙って逃亡するのは論外ですが、ドアパンチで傷をつけたほうが全く気が付かない状態でそのまま駐車場から出ていった場合は、通常はもう証明のしようがありませんので、どうにもならないことが殆どなのです。

 

 

ドアパンチの修理には車両保険で対応できるのか?

 

駐車場のトラブルで最も多いドアパンチですが、一般の車両保険に加入していれば、それを使って修理をすることは当然可能であり、何事もなく修理も全額保険会社が負担してくれるんですけど、当然ノンフリート等級は3等級下がってしまいます。

また、車両保険の使用時に免責金額を設定している場合は、ドアパンチの種類代金は車の塗装や種類によっても異なるのですが、1パネルとして修理されますので、5万円から10万円位の修理代で収まるのが普通です。

それで、車両保険を使って修理をしてノンフリート等級が3等級下がり、免責金額が5万円に設定されていた場合、何をやっているのかわからなくなりますので、大抵の場合は自腹で修理をするかそのまま放置しておいたほうが良い場合があります。

スポンサードリンク




私も、ドアパンチを受けた傷については、それ程目立つものではありませんし、また何処かの駐車場でドアパンチを受けてしまう心配も考えると、相当ひどい傷でもついていない場合は、あまり気にせずに放置をしていますので、多分皆さんそんな感じではないでしょうか?

 

 

ドアパンチの修理にはエコノミー車両保険は使えない?

 

車両保険には一般とエコノミーの2種類がありますけど、一般車両保険は殆どの交通事故に対応しており、こちらに加入しておけばまず間違いはないのですけど、一般車両保険は金額が安くないので、エコノミーを選んで加入している人も多いはずです。

では、一般車両保険がドアパンチの修理に使えるとして、エコノミー車両保険はドアパンチの修理に使えるのか?と言えば、残念ながら車対車の事故の場合、ドアパンチで損害を与えた相手の車が特定できないとエコノミー車両保険は対応できません。

逆に言えば、その場で思いっきりフェラーリのドアにドアパンチをして傷をつけた場合は、エコノミーでも対応可能で、この部分が一般の車両保険とエコノミー車両保険の大きな異なる点になりますので、その点を注意して契約をしておかないといけません。

エコノミー車両保険であっても、車へのイタズラの場合は保険金が出るんですけど、相手がわからないことが多いドアパンチや当て逃げ事件のように、他の車との接触事故の場合は、必ずの相手の車が特定できないと保険が出ない仕組みになっています。

 

 

その点が、不安であれば一般車両保険への加入がお薦めです。

 

ドアパンチについても、それが本当にドアパンチなのかイタズラなのか判断できない場合もありますから、駐車場に戻ってみて、車に不審な傷がついていれば直ぐに保険会社に電話をして、これからどうすればよいのかの相談を受けるようにして下さい。

ただし、当て逃げでの凄まじい凹み傷ならともかく、ドアパンチ程度の凹み傷では、車両保険を使って修理しようと思う人は殆どいないでしょうから、ドアパンチに限っては一般車両保険、エコノミー車両保険、車両保険加入なしのどれもあまり変わらないかと思います。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme