全損の交通事故で支払われる保険金で新しい車を購入する

車を運転していて全損になるような交通事故を起こしてしまった場合、交通事故の相手がいる場合は過失割合に応じて相手から修理代相当の金額が支払われますし、経済的全損の場合は、その限度額まで過失割合に応じて相手から保険金が支払われます。

逆に自分の方からも過失割合に応じて相手に修理代を支払わないといけなくなりますので、普段から運転には注意をしながら交通事故を起こさないように、巻き込まれないようにしないといけないのですが、自分の過失割合0%の事故だけは仕方がありません。

私も経験があるんですけど、赤信号で停車していたら後方から脇見運転をいている車に激突されてしまって、こちらは全く悪くないんですけど、交通事故に巻き込まれるなど、このような場合は防ぎようがないので、事故に巻き込まれたら仕方がありません。

それで、実際に私の友人で赤信号で停車していたら、後方から大型の車に追突されてしまって、車の後方が大きく凹んでしまい、修理が難しく廃車にしないといけなくなってしまった人がいて、事故の相手の保険会社から保険金が支払われることになりました。

 

 

全損の交通事故で支払われる保険金の使い方。

 

赤信号で停車をしていて、その最中に後方から追突された経験のある人ならご存じだと思いますが、バックミラーを見ていて、なんか変な車が後ろにいるなと思っていたら、いきなりドッカンと凄まじい衝撃音と振動が発生してしまい、本当に唖然とします。

赤信号で完全に停車をしている場合は運転技術で後方から追突してくる車を避けることも出来ませんので、もはや為す術がない状態になり、その時の追突をしてきた車の車種や速度によっては、車の後方がペシャンコになることだって普通にあります。

私の場合はそこまでの事故の経験はなくて、バンパーの交換程度で解決できた追突事故の経験しかないのですが、残念ながら友人の場合は、完全のフレームが潰れている状態で、これを修理するんだったら他の車を買ったほうが良い状態になりました。

その際に、保険会社から経済的全損になるとの連絡を受けて、交渉を行い限界まで出せる金額の保険金を受け取ったんですけど、この保険金を使っても到底修理ができない程の損傷でしたので、結局車は廃車にしてから、新しい車を買うことになりました。

スポンサードリンク




 

 

保険金は別に車の修理に使わなくてもかまわないのです。

 

初心者の人でしたら、交通事故で保険会社から支払われた保険金は、必ず車の修理代として使わないといけないと思うかもしれませんが、実際には保険金をどう使おうと問題はなくて、車を廃車にしてそのお金で海外旅行に出かけても構いません。

そもそもですが、赤信号で停車をしていて後方から追突をされてしまった場合においては、大抵は経済的全損になるような相当な修理代が必要になる交通事故が多くて、それだけ車の後ろが潰れてしまう損害の種類にはお金がかかるということになります。

おろしたての新車であれば、追突されても経済的全損にならないこともあるんですけど、フレームが大きく歪む事故に巻き込まれた時点で完全に事故車になりますから、経済的全損にはならないものの、交通事故の相手と相当揉めることになります。

新車で購入から数日後に、信号待ちで停車をしていたら、知らない相手に激突されてしまい、車は大破で修理をすれば一応何とかなりますけど、事故車になりますと説明されたら誰でも激怒するのは当然ですし、新車を買い直せと怒るのも当然の話です。

 

 

フレームが歪むような事故車を修理して乗りたくない人は多い。

 

ただ、現実問題としては、決められた保険金しか相手の保険会社から支払われない事が多くて、あとはその保険金の金額をどうやって高くするかの話になりますし、フレームが大きく歪んだ事故をおこした車に乗りたくないので、売却をする人もいます。

私の友人は保険金を保険会社からなるべく多く支払ってもらうように交渉をして、ぶつけられてフレームが歪んでしまった車は、買取業者に査定をしたんですけど、あまり良い金額がつかなかったので、馴染みの車屋に部品取りで無料で引き渡したようでした。

信号待ちの際に車をぶつけられてしまった場合、こちらは過失割合は0%ですから、あとは相手の保険会社と交渉をして、出来る限りの保険金を支払っていただくようにしながら、事故車は一括査定で処分をしつつ、新しい車を購入する考え方もあります。

当然、余計な出費になってしまうんですけど、必要以上に交通事故の相手に請求も出来ない現実がある以上、フレームが歪むような事故車に乗りたくないのであれば、現実問題としてそのような解決方法を取るしかないのが日本の現状なのです。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク