解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

カーセキュリティーは盗難対策に有効?|クリフォード

ここ最近は、日本国内でも自動車に関わる盗難事件が増えてきていて、特にランドクルーザーやハイエース等が徹底的に狙われており、その他にもインプレッサなどがよく盗難被害にあっていますが、これらは海外で高く売却できるため、セキュリティーの甘い日本国内を狙って積極的に盗難が行われているようです。

特に、ハイエースは商業利用の車として購入されている事が多く、最近イモビライザーも採用されたランドクルーザーと比較しても、ハイエースはセキュリティー自体がかなり甘い状態ですから、ここのところは盗難される車のトップとして君臨しています。

また、商業的な利用がされることが多いハイエースは、頻繁に外出をすることになりますし、出先では駐車場を選べないこともあり、コインパーキングからファミレスのコンビニまで、いろいろな場所で車を盗まれるといった被害にあっているようです。

 

 

仕事で使うハイエースが盗まれるとその損害は想像以上です。

 

ハイエースの場合、車内に仕事で使う高価な機材や道具を常に積み込んでいることも多くて、車が盗まれる際にはそれらも併せて盗まれてしまうため、特に仕事ができなくなるなどの二次的な被害も多く、車以外にも多大なる損害を受けることになります。

実際、商業用のハイエースを盗まれてしまって、車よりも中に積み込んでいた荷物だけでも返して欲しいと願う被害者の人も多いのですが、それが実現することは殆どないようですね・・・。

 

 

カーセキュリティーは必ずつけておいたほうが良いのか?

 

元々、純正の状態から車にイモビライザーが搭載されている車種も増えてきていますが、後からカーセキュリティーを追加して、車にセキュリティーを施すことも可能なので、実際にそれでセキュリティーを追加している方も沢山います。

ちなみに私も、後付でカーセキュリティーを追加しています。

スポンサードリンク




基本的な話としては、どのようなカーセキュリティーを搭載しても、プロの窃盗団に狙われてしまった場合はどうにもならない場合が多く、一部、クリフォードをカスタマイズしたセキュリティーなら、容易には盗まれないと言われていますが、世の中に完璧なセキュリティーはありません。

ただし、何もつけていないよりかは当然安心感が出てきますし、素人の窃盗やイタズラへの対策として考えれば、それなりの費用対効果があることや、駐車場での当て逃げの際にもサイレンが鳴りますので、結構使える用途はあります。

ですから、車にカーセキュリティーを付ける場合は、盗まれないためよりも、イタズラや当て逃げなどの被害に合わないため、後は本格的な窃盗団ではなくて、素人などからのアルミホイールの盗難対策でしたら結構有効になります。

 

 

プロの窃盗団に狙われてしまったら車両保険が1番のセキュリティー。

 

プロの窃盗団の場合、ガレージにしまっているような車であっても、そこに侵入して車を盗んでしまうくらいですから、そのような犯罪プロに狙われたらカーセキュリティーだけではどうにもなりませんので、もしもの時の車両保険に加入しておく事になります。

最強のカーセキュリティーは車両保険そのものですから、多少値段が高くなっても、盗まれやすい車に乗っている人は、可能な限り一般車両保険に加入しておき、何の落ち度がなくてもいつ誰が被害に合うかわからない、自動車盗難の被害者になって後悔しないようにしておく必要があります。

ローン支払い中の車が盗まれた場合、車両保険に加入していないと、車は帰ってこないのにローンの支払だけを延々と行うような状態になりますので、そうなってしまうと、精神的なダメージも想像を超えることになり、数年間はそれが続くことになります。

プロの窃盗団以外の対策の場合でしたら、市販のカーセキュリティーをつけておくと、ドアパンチやイタズラ、アルミホイール盗難対策には使えますから、かなり安心になりますので、もし、クリフォード等をつけれるのであればつけておいて損はありません。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme