解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

外出先の駐車場での愛車へのドアパンチを防ぐ方法

車を所有していると、ガレージなどで保管展示している人以外は、その車を使っていろいろな場所に出かけることになり、例えばスーパーに買い物に行く場合やキャンプに行く場合、海水浴場に行く場合など、車があれば大抵の場所に快適に移動ができます。

大変便利な車なんですけど、自宅の駐車場やガレージから一歩外に出すと、車を降りるときには必ず何処かに駐車しないといけなくなる為、その際に問題になるのが自動車荒らし、自動車窃盗犯、当て逃げやドアパンチと言った、車に対する物理的な損害が発生することになります。

自宅の駐車場やガレージの場合は、そのような車両の被害に合わないような万全な体制で車を保管できる人も多いと思いますが、車で出かけている出先になるともう自分だけでは保管中の車の管理ができません。

外部の人達の影響を受けつつ、なるべく外出先の駐車場で保管中の車に対する物理的な被害を受けない場所に車を保管する事が重要になる訳です。

その中でも、今回は気が付かないまま、いつの間にか車のドアがへこんでいることも多い、外出先の駐車場でのドアパンチを防ぐ方法についてご説明します。

 

 

外出先の駐車場で車のドアパンチを防ぐ方法について。

 

外出先の駐車場で車のドアパンチを防ぐ方法としては、昔から言われているのが、高価な車や綺麗に整備されている車の隣を選んで駐車することであり、凹んでいる車や汚い車の隣には絶対に駐車しないほうが良いと言った話になります。

その根拠は、きれいな車や高価な車はその所有者が大変車を大切にしていることがほとんどであり、当然運転技術も高くて、周囲にぶつけるような運転はしないため、高価そうな車やきれいな車の隣を選んで駐車した方がよいといった話です。

スポンサードリンク


汚い車や傷だらけで凹んでいたりする車の場合、普段から大変雑に車が使われており、ドライバーも運転技術や人間性に問題がある可能性が高い為、そんな危険な車の隣に駐車しないほうが良いと言った話ですが、流石にボディがへこんでいる車には普通の神経の人はのりませんから、これは間違いない話だと思います。

そうすることにより、外出先の駐車場でのドアパンチを少しでも防げると言った話になるのですけど、他にも最近増えているワンボックスカーの隣などはかなり安全であるといえます。

 

 

ワンボックスカーの隣は最もドアパンチからは安全?

 

最近流行っている、価格が安くて多くの人を乗せることが出来るワンボックスカーについては、ドアがスライド式のドアになっていることが大変多くて、運転席と助手席のドアは当然普通のドアですけど後部座席のドアからドアパンチを受けることがありません。

見た目も綺麗で傷もなくてピカピカしているワンボックスカーの隣であれば、先ず小さなお子さんが乗っている車であっても、勢い余ってドアパンチをされることもないでしょうから、比較的安心して隣に駐車しても良いと判断できます。

後は、これも基本的な話ですけど、なるべく駐車場の端っこを選んで止めるとか、左右に車を駐車できないレーンがあるのであれば、そこを選んで最優先に駐車するなどして、なるべく安全な場所を確保するのは基本中の基本です。

ドアパンチをされた場合、相手が殆どわからないことも多くて、修理代も5万円以上はかかってしまうため、その凹んで状態で暫く使っている人も多いでしょうけど、出来れば最初からドアパンチをされないような環境を作るのがベストと言えます。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme