解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

エキゾーストマニホールド交換で車の性能は高くなる?

ここ最近発売されている新車を購入している人には全く関係のない話になりますが、昭和末期から平成初期にかけて発売されていた国産車について言えば、エキゾーストマニホールドを交換しただけでかなりの体感的な向上が見られる車が結構あります。

エキゾーストマニホールドというのは、車のエンジンから排ガスが排出される際にエンジンから触媒までつながっているパイプのことであり、その形状から別名タコ足と呼ばれている事も多くて、見た目がタコの足にも見える車の主要な部品です。

この単なる排ガスを触媒に流すパイプであるエキゾーストマニホールドを純正品から社外品、特にマキシム製のエキゾーストマニホールドに交換をすると10馬力程度のパワーアップが簡単に行えることもあり、一時期はかなり流行った社外パーツになります。

 

 

昭和末期から平成初期の車はエキゾーストマニホールド交換が有効。

 

最近の車ではエキゾーストマニホールドを交換して乗っている人は殆どいないでしょうから、皆さん購入した状態で最後まで乗り続けるような感じですけど、昭和から平成初期に発売されている車はエキゾーストマニホールドの交換が本当に有効だったのです。

その理由としては、純正品のエキゾーストマニホールドの作りがあまり良くなくて、そのため、空気抵抗が発生してしまい排ガスがスムーズに触媒まで流れない状態になっていることが少なくないため、綺麗で抵抗がない社外品のエキゾーストマニホールドは取り付けるだけで効果がありました。

特にマキシムワークス製のエキマニは本当に有名であり、いろいろな車種でマキシムのエンブレムの付いたエキゾーストマニホールドが発売されていますけど、これをつけると必ず車の性能が向上すると言われていて、私も以前取り付けていたことがあります。

スポンサードリンク




中古相場に関しても、マキシムワークスのエキマニはそれなりの価格で売れることもありましたし、中古で破損しているエキマニであっても溶接修理をすれば普通に使えますので、破損品でも結構な値段で取引されていたものですが、最近ではあまり効かなくなりました。

 

 

最近の車ではエキゾーストマニホールドの交換をする人がいない理由。

 

エキゾーストマニホールドの交換をする場合、その殆どがスポーツカーと呼ばれているスピードが出る車ばかりであり、セダンとかコンパクトカーで10万円前後の価格が普通のエキゾーストマニホールドを交換する人は殆どいないのではないでしょうか?

ここ最近発売された車に関して言えば、エキゾーストマニホールドの交換自体をする必要がない位性能が良いものになっているため、あえてそれなりのお金を使って社外品を購入する理由もなくなりましたので、購入時のまま乗っている人が多くなりました。

マキシムワークスの社外品を制作すれば純正品よりもよいのかもしれませんが、売れない商品を企業が製造販売することもないので、余程特殊な使い方をしている人以外は、最近の新車でエキゾーストマニホールドの交換をしている人はいないでしょうね。

平成初期くらいは色々な企業が魅力的で個性的な車の販売をしていたものなのですけど、最近ではスポーツカー自体が需要がなくなってきてしまって、日本国内では売れなくなってしまったので、エキマニ交換の市場も狭くなってきている感じですね。

エキゾーストマニホールドの交換で、車の性能が簡単に高くなるかといえば、古い車であるほど効果的なのですが、今更新品の在庫もないかと思いますので、専門企業でワンオフで制作を依頼するか、中古で出回っているエキマニを買うかになるかと思います。

ここ最近発売されている比較的新しい車であれば、エキマニを購入するメリットは殆ど無いでしょうから、無改造のまましばらく乗って中古で売約する際には高く査定して頂くようにしましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme