エンジン始動時に大きく振動して不安ならマウント交換で解決

特にスポーツカーに多い症状なんですけど、購入してから5万キロ、10万キロと走行を重ねることが多いスポーツカーの場合、ある程度の年数や走行に達した時点でエンジンを始動した際に大きくエンジンが振動をしてしまい、大変不安になることがあります。

実際に私も車のエンジンを始動する度に大きくエンジンが揺れるようになり、エンジンがこのまま爆発でもするのではないかと思えるようになりましたし、運転をしていてもある一定のタイミングでエンジンが暴れるような症状が発生するようになりました。

毎回これでは、エンジン始動の際には大きく左右に揺れるわけですから、エンジン内部のピストンやタペットによくありませんし、精神的にもよくありませんので、プロショップで点検をしたら、エンジンマウントが全て劣化して亀裂が入っている状態でした。

 

 

車のボディにエンジンを固定する際のエンジンマウントって何?

 

車のエンジンですがどのようにして車に取り付けられているのか知らない人もいるかもしれませんがこのような大きくて発熱を発生する金属のパーツは必ず強化されたゴムをマウントにして取り付けられていますので、そのゴムが振動などを吸収してくれます。

このエンジンを車のボディに取り付ける際に必要になるゴムのパーツをエンジンマウントといい、巨大で重くて発熱を発生するエンジンを常に固定しているエンジンマウントは走行距離や年数により必ず劣化してしまう重要なパーツになるので定期交換です。

スポーツカーにエンジンマウントの劣化や割れが多い理由は、速度を出すような運転をすることやエンジン自体の発熱やパワーが大きいことにより、常に負荷がエンジンにかかっている状態になりますので、それで普通の車よりも劣化しやすい傾向にあります。

スポンサードリンク




 

 

エンジン始動時に大きく振動して不安な場合はマウント交換で解決。

 

私の車もスポーツカーですから、そろそろエンジンマウントがおかしくなっても仕方ないかな?と思っていた矢先、プロショップで点検をしたらぱっくりとエンジンマウントが割れていたので、これではもう本来のエンジンを固定する性能は全くありません。

エンジンマウントの点検そのものはプロショップが行えば簡単に調べることが出来ますので、不安であればお近くの信頼できそうな自動車整備工場に行ってみたほうがよいで、工賃もそれ程かかりませんから先ずはエンジンマウントの状態を確認しましょう。

エンジンマウントが割れていてエンジン始動時に大きくエンジンが揺れる症状が発生している場合、放置しておいても勝手に良くなることはありませんので、早めにプロショップに相談をしてエンジンマウントの交換をしてこの症状を改善するのがお勧めです。

 

 

エンジンマウント交換時には強化品への交換がお勧めです。

 

エンジンマウントが寿命で劣化による割れが発生している場合、交換をする際には純正パーツではなくて社外品の強化エンジンマウントに交換しておいたほうが良く、私は強化品に交換しましたがエンジンの揺れはピタリと収まり、状態も良くなりました。

エンジンマウントを強化品に交換したら、エンジンの振動が車内に伝わりやすくなると言った話をされる方もいますが、プロショップがきちんと取り付けを行い、エンジンも精度を高めたバランスの取れたエンジンの場合はそれ程気になりませんが・・・。

ただ、やはりエンジンをパワーアップさせていくと強化エンジンマウント固有の細かな振動やノイズが発生することは間違いありませんので、乗り心地を重視するなら純正品なのでしょうけど、固定力をアップさせてスポーツ走行をするなら強化品になります。

エンジンマウント自体、そう簡単に劣化するものではありませんし、スポーツカーのように10万キロをあっという間に走行するような運転をする車でなければ劣化前に車を売却してしまうくらいですが、強化品に交換をすると運転はかなり快適になります。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク