スポーツカーを運転していて煽られた際の安全な対応方法

日本人の場合は、車に乗ると性格が変わる人が多いとよく聞かれる通り、実際に車の運転をすると人が変わったようにラフな運転をしたり急発進や急加速を繰り返したりする人たちが多くて、そういった人たちが最終的に行うのが公道での煽り行為になります。

ラフな運転がしたいのであればサーキットにでも行けば良いのですが、そのような技術がないのかお金がないのか分かりませんが、一般公道で全然関係ない面識がない人が運転する車を平然と煽って来る輩が稀にいますので、その際は大変危険な状態にです。

特に特定のスポーツカーは煽られる対象になることが多くて、普通に走行しているだけで、後方から必要なパッシングをしてきたり、酷い時にはクラクションを鳴らしてきたりと、現在は煽り行為が違法になっていることを知らない輩もいるのが現状です。

 

 

スポーツカーを運転していて煽られた際の安全な対応方法。

 

特に多いスポーツカーを運転していて、後方の車に執拗に煽られた場合は、そのまま無視をして運転するのが良いのですが、後方でビッタリとくっついて煽り運転をされた場合は、常に交通事故の危険性が付きまといますので、特に慎重な対応を行います。

対応方法としては、状況にもよるのですが、徐々に後方の煽ってくる車とぶつからないように注意しながら速度を下げていき、左側のウインカーを付けて一旦道路の路側帯に車を停車するとか、車を停車できるスペースがあるならそちらで車を停止させます。

それで車を停車中に追突してくるとか、相手が金属バットを持って襲ってくるとかなら余計に危険になるのですが、大抵は車から降りると何も出来ない輩が煽り行為をしていることが多くて、煽られたら速度を落として車を停車させる方法が一番安心です。

スポンサードリンク




 

 

煽られたから急加速をすると交通事故やトラブルの元になります。

 

ドライブレコーダーで常の前方と後方の映像を記録していて、相手が煽ってきたために、仕方なく加速した事が証明できて交通事故を起こさない状態で回避できればよいのですが現実的にそれは難しいことが多いですし、万が一事故を起こすと自己責任です。

知らない相手が煽ってきたからと言って、速度を出してそのまま運転を誤って自損事故やセンターラインを超えてしまって衝突事故を起こした場合、全て自己責任になることも多く、煽ってきた相手はそのまま逃げてしまって証明することも困難になります。

煽ってきた相手と衝突事故を起こした場合でも、相手が煽り運転を一切認めずに、あなたが蛇行運転をしていたとかセンターラインを超えて妨害をするような悪質な運転をしてきたと主張された場合、それを覆すのはドライブレコーダーがないと無理なのです。

 

 

関わるメリットがない相手とは一切関わらないのが正しい選択。

 

スポーツカーが走行しているのを見ると、猛スピードで後ろから煽ってきて、バッシングやクラクションを鳴らしながベタ付けで煽り運転をしてくる輩と関わっても何のメリットもありませんし、関わるほど交通事故に巻き込まれるデメリットしかありません。

また、急ブレーキをして停止した場合、後方から煽ってくる相手と衝突する恐れもありますので大変危険ですし、速度を出して振り切るのも危険ですから、結果的に少しずつ速度を落としながら、停車できる場所を探して車を停めるのが一番安心なのです。

海外の強盗のように日本国内でスポーツカーをみたら煽り行為をしてくる相手というのは、車から降りたら何も出来ない事も少なくなくて、逆に前方を走行しているスポーツカーが停車して降りてきそうになると、急いでその場から逃げる位な相手になります。

スポーツカーを楽しく運転していたら、後ろから煽られてしまって大変不快になることもあるかもしれませんが、だからといって関わってしまっても何らメリットがありませんので、なるべく無視をして相手にしない大人の対応でやり過ごすのがお勧めですね。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク