新車で購入時のバッテリーが性能と耐久性が高い理由

トヨタ等のディーラーに行き、車を新車で購入すると必ず新車購入時の保証がついてきますので、その間に何かトラブルが発生した際にはメーカーが責任を持って対応をしてくれますので、消費者は安心して車を購入することが出来る仕組みになっています。

その際に、バッテリーなどの消耗品も保証期間までは耐えれるような仕組みになっていますので、保証期間中にバッテリーが使えなくなったとか、ライトをつけっぱなしにしている等の不注意を除き、上がってしまったってトラブルに成ることはありません。

しかし、その後に保証期間が終了して、バッテリーが寿命を迎えた際にはまた同じメーカーの指定するバッテリーを購入することになる訳ですが、新品で購入したバッテリーであっても何故か?新車購入時よりも寿命が短くなっているって感じる人は多いハズ。

 

 

新車で購入時のバッテリーが性能と耐久性が高い理由。

 

新車で購入時に取り付けられているバッテリーは大変耐久性が強く作られており、保証期間内にはどのような管理方法をしても耐えれるような設計になっており、長期間放置をした場合やあまり車に乗らない場合でも、一発でエンジンが掛かることが普通です。

しかし、その後に同じメーカーの指定する同じ型番のバッテリーに交換した場合、新車で購入した時と同じような管理方法、同じような乗り方をしていると、何故かバッテリーのヘタリが速くて使えなくなってしまったって人も多く、クビを傾げる訳ですね。

この理由は、全く同じメーカー指定のバッテリーであっても、実は中身が全く違うバッテリーが新車購入時には取り付けられているからであり、価格も新車取付用のバッテリーと一般販売用のバッテリーはかなり差がありますので、別物だから全然違うのです。

スポンサードリンク




 

 

新車に取り付けるバッテリーは耐久性が大変高い特別仕様です。

 

メーカーが数百億円の開発費を投資して生産する車は信用が第一なので新車購入をした人が保証期間まで持たなかった・・・、このような状況になるのを避ける必要がありますから、バッテリーは特別仕様のとても耐久性が高い別物のバッテリーが使われます。

ただし、その分価格も高くなりますので、その後の車を購入した人向けに、価格を下げて性能を落としたバッテリーを販売していることが普通ですから、殆どの人は価格が安いバッテリーを好んで購入することが多いので、それ故に耐久性も落ちてしまいます。

メーカーとしても新車購入時の保証が切れてしまった場合、後は重大な欠陥が発生してリコール対応でもしない限り、バッテリーの寿命についてはバッテリーの製造メーカーの2年間保証の間持てばよいだけなので、それに合わせて性能は低くても良いのです。

 

 

新車に取り付けられている高性能バッテリーは何処で購入できる?

 

ディーラーで新車で購入した際に取り付けられているバッテリーのほうが性能が良いのは分かっていても、ではそのバッテリーを一体何処で購入すればよいのか?ってなった場合、オートバックスやイエローハット、Amazon等では購入する事は出来ません。

また、見た目も全く同じでシリアル番号でしか判断ができない都合上、メーカーもそれを詳しく教えてくれませんので、プロでも判断ができにくいバッテリーなんですけど、実は専門のプロショップやディーラーの販促に相談に行けば簡単に購入が可能です。

ディーラーやプロショップ等は新車に取り付けられているバッテリーのほうが性能が高いことをよく知っていますので価格が高くても耐久性能を求めている人向けに、このたぐいのバッテリーを販売してくれますが、どうしても価格は割高になってしまいます。

ですから、新車の保証期間内は何が何でも不具合を避けないといけない、クレーム対応を避けないといけない、耐久性の高いバッテリーが欲しいのであれば、専門のプロショップやディーラーに行って、その事を相談してバッテリーを購入しましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク