解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

単独事故をした場合の修理代は保険金で全額支払われる?

車を運転中に単独で交通事故を起こしてしまった場合、それは自損事故と言われていて、ガードレールに突撃をしたり、電柱や高速道路の分岐に激突をしたり、車のフロント部分がクワガタのように凹んでしまったりなど、車が見るにも無残になります。

自損事故は相手がいない交通事故ですから、相手の過失が100%であるもらい事故や追突事故のように修理代を保証してくれる相手がいませんので、当然ですが自損事故で車を壊した場合、全て自分の自己負担で車の修理代を払わないといけなくなります。

もしもの時には任意自動車保険とか自賠責への加入による保証がありますので、それに期待をして安心をしていると、実は保険金が自損事故の場合は支払われないって状況になることも多いですから、交通事故を起こす前にかならず保険の確認が必要です。

 

 

単独事故をした場合の修理代は保険金で全額支払われる?

 

車を運転中に単独事故をした場合、全額修理代が自己負担になる訳ですが、その際に唯一支払われる保険金が車両保険であり、車両保険に加入していたらすべての問題が解決されたと思うかもしれませんが、実は一般車両保険のみが自損事故に対応しています。

車両保険には一般車両保険とエコノミー車両保険の2種類があり、一般車両保険はほぼすべての車の損害に対応をしていますので、自損事故でも保険金が満額支払われるのですが、エコノミー車両保険については残念ながら自損事故には対応していません。

また、自賠責保険、いわゆる車検時の強制保険は対人の損害のみに対応をしていて、車の種類にはいかなる状況でも対応をしていませんので、自損事故で保険金を当てにする場合は、事前に一般車両保険に加入しておく必要があり、事故後加入では無意味です。

スポンサードリンク


 

 

自損事故でも破損させたガードレールや壁等の修理代負担もある。

 

車をガードレールにぶつけたり、民家の壁にぶつけてしまった場合、当然ですが、重さが1トンを超える鉄の塊が猛スピードでぶつかった場合、ガードレールや民家の壁も破損をしてしまいますので、その際の修理代を支払う義務が発生しますし大変高額です。

この場合のガードレール(所有者は国や都道府県)、民家の壁等、相手に対する損害の保障については対物の保険で全額が支払われますので、対物保険は無制限に加入しておくべきであり、最近では対物保険なしでは自動車保険の契約ができなくなっています。

最近では任意保険未加入で車を乗っている人もいますけど、自賠責保険は限度額も制限があり、あくまで交通事故の被害者(相手)に対する対人の保証であり、自損事故で車の修理代を負担するなら一般車両保険に加入する以外には方法はないということです。

 

 

単独事故で壊れた車に乗りたくないなら一括査定で高く売る?

 

単独事故で車を壊してしまったり、壊れなくてもぶつけてしまって嫌な思いをした場合、その車を修理して乗りたくないって人も少なくないですし、逆に綺麗に保険で直してそのまま乗り続ける人もいますし、人によって交通事故の際の価値観が違います。

日本では縁起を気にする人も多くて、一度でも自損事故を起こした車には乗りたくないって考えであれば、完全に自走不能なくらいの損害でしたらもう廃車引き取りセンターに依頼をするしかないのかもしれませんが、軽度な損害なら一括査定がお勧めです。

一括査定で車を売却する場合、自損事故による車への傷や凹みなどがあってもそれを修理するよりもそのまま査定に出した方が結果的に得をすることも多くて、見積もり査定も無料で行えることから、その結果次第で修理をするか売却かの判断も可能です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme