解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

自動車保険で最強の等級プロテクトが無くなった理由

ここ最近、任意自動車保険の契約の中で、等級プロテクトという契約内容を見ることが全くなくなってしまっていますが、かつての時代では等級プロテクトと呼ばれていた利用者から見たら大変メリットがある保険の契約が用意されていて重宝したものです。

等級プロテクトというのは、その名の通り、この契約をしていると交通事故を起こして保険を使った場合でも、ノンフリート等級が下がらないと言った信じられないようなメリットがあり、プロテクトで等級をガッチリと守ってくれるものでした。

しかし、最近はどの保険会社の契約を見ても、等級プロテクトと呼ばれている補償内容を見かけることがなくなってしまっていますので、いつの間にやら等級プロテクトは絶滅危惧種どころではなくて、完全に保険業界から絶滅してしまったようです。

 

 

かなり割高な契約であった等級プロテクトは何故なくなったのか?

 

等級プロテクト自体が、保険を使っても等級が下がらないと言った画期的な補償内容であり、利用者からすればメリットしかないのですが、その大小としては保険料がかなり割高になってしまうと言ったデメリットもあり、簡単には契約できませんでした。

何しろ、等級プロテクト付ける場合は、当然ながら一般車両保険も契約した上で、対人無制限、対物無制限、人身傷害無制限といった保険もマックスで契約するのがお得になりますので、どうしても割高な保険料になってしまう傾向があったからです。

それでも、自損事故を起こして保険を使い、全額保険で修理をするか新車に買い替えたとしても、等級プロテクトを契約している人でしたら、ノンフリート等級は下がりませんので、この仕組みを知っている人なら、積極的に保険を使うことになります。

その為、多くの人がその等級プロテクトのサービスと仕組を知ってしまうと、保険会社の利益がなくなってしまうことになり、等級プロテクトは保険会社からみてメリットがない契約商品となり、その姿を消してしまうことになるのでした。

スポンサードリンク




 

 

保険会社の代理店の判断で優良顧客向けに用意された契約だった?

 

等級プロテクトが発売された当時は、恐らくは事故をあまり起こさない人向けに用意された保険の契約であり、それで保険料が割高になることから、保険会社が利益を得ることになっていたのでしょうけど、実際には総思惑通りにはいかなかったのです。

私も等級プロテクトを知ったのは代理店経由だったのですけど、余り積極的に売り込む様子もなかったので、多分、今更確実な判断はできませんけど、代理店の判断で事故率の少ない人向けに販売していたシークレット的な商品だったのかもしれません。

等級プロテクトがなくなった時期と、インターネットが普及し始めた時期がちょうどかぶっているのもありますから、もしかしたら、あまり表に出てこなかった等級プロテクトの事を多くの人が簡単にネット経由で事実を知ることになったのも原因でしょうか?

これから、かつての時代のように自動車保険業界の売上が益々厳しくなっており、高齢者の事故多発や消費税の増税等で、ノンフリート等級が20等級で契約をしていると、前年と全く同じ契約でも毎年保険料が値上がりしてしまっている状態です。

 

 

等級プロテクトが復活しない時代は安さで保険会社を選ぶべき?

 

この状況下では等級プロテクトが復活してくる様子も全くありませんし、新しい似たような補償内容が出てくる見込みもありませんので、普段から交通事故を起こさないように、安全運転に勤めるしか対策がないのが現状になりますね。

保険を使った際にも3等級下がるだけではなくて、更には一定の期間ペナルティが発生するようになっていますし、これまで何回保険を使ったかの確認も各種保険会社が行うようになっていますので、優良顧客の囲い込みが益々激しくなりそうです。

ノンフリート等級が20等級でゴールド免許の人でしたら、幾らでも保険会社が大歓迎をしてくれますから、等級プロテクトがない時代は、なるべく価格の安い保険会社を選んでおいたほうが良いのかもしれませんね。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme