解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

銃撃や爆弾の攻撃に耐えれる車を制作することは出来る?

先日、お客さんからアサルトライフルやショットガン等の銃撃、爆弾等の攻撃に耐えることが出来る車の制作をすることが出来ますか?との相談を受けましたので、早速プロショップの社長さんにその件について、要望が実現可能なのかの相談をしてみました。

一般的に日本人の感覚であれば、銃撃や爆弾による攻撃等は意識する必要はなくて、車が盗難されないセキュリティーとか、ドライブレコーダー等の設備についてとか、車の外装や性能の変更などを意識する位なのでしょうけど、海外では事情が異なります。

こちらのお客さんは、海外の有名なテロリスト団体が活躍している地域に住んでいる富裕層の方で、とにかく安全に移動できる車が欲しいのですが、何処にも売っていないのので日本でならそういった車を販売しているとか、制作できるでのはとのことでした。

 

 

銃撃や爆弾の攻撃に耐えれる車を制作することは出来る?

 

プロショップの社長さんに確認すると、普通に防弾仕様、爆弾に耐えれる車を制作することは可能で、一般車両を持ち込んでくれればうちでも出来るよーって話していたので、実はそれほど難しくはなくて、防弾仕様、爆弾に耐えれる車は制作可能でした。

ただ、対戦車地雷やRPG等のロケット砲等、明らかに車の改造で耐えれるような限度を超えた攻撃に対しては車ベースでは流石に難しいようで、そもそも戦車を破壊する目的で作られた武器ですからそこまでの対応は難しいようでしたが、防弾ならOKです。

日本だと、天皇陛下がお乗りになっている車とか、防弾仕様になっているような印象ですけど、防弾仕様、ある程度の爆弾に耐えれる車などをメーカーが作っても普通は買い手がいませんから、一般車両を持ち込んで改造をして、銃撃に耐えれる車にします。

スポンサードリンク




 

 

銃撃や爆弾の攻撃に耐えれる車には色々と制限があるようです。

 

基本的には持ち込んでくれれば、どのような車でも防弾仕様、爆弾に耐えれる車に改造が出来るらしいのですが、その性質上、相当重量が増すらしくて、ドラム缶2本分以上の鋼鉄を使って車の補強を行いますので、重さも1トン以上重くなるとのことです。

それ故に、排気量が3000CC、出来れば5000CC以上のガソリン車が好ましくて、例えばジムニーとかマツダのロードスター等を防弾仕様にした場合、あまりの重量の重たさに普通に走行が出来なくなるとのことでしたので、改造できる車には制限があります。

また、燃費も極端に悪くなるらしくて、重さが1トン前後も重くなると当然ですし、タイヤも特注品扱いになってしまう都合上、防弾仕様に改造できる車はかなりの大型のセダンやクロカンに限定されますし、燃料タンクが大きい大排気量の車になりますね。

 

 

制作費用はベースで3000万円で納期は一年かかるそうです。

 

防弾仕様の車の場合、改造費用で基本料金が3000万円必要になるらしく、後は車種とか何処まで改造をするかによって料金が大きく変わり、更には納期が1年はかかるとのことでしたので、誰でも気軽に依頼できる改造ではありませんが当然と言えます。

持ち込まれた車に合わせて、特注で鋼鉄の型を作って取り付けていくわけで、手間暇がかかるのは当然ですし、時間もかかるのも当然ですから、納期を急ぐ場合は最初から装甲車でも購入したほうが良さそうなくらいの雰囲気で、予算も1億円位でしょうか?

ただ、装甲車は見るからに装甲車ってイメージになりますけど、普通の車であれば、そうった違和感などもないことから、普段の足としては車を改造して防弾仕様に変更したほうが富裕層の人たちには都合が良いでしょうから、こういった需要はあるようです。

確か、アメリカの大統領の車が完全な防弾仕様の特注品になっており、大統領が移動する際には常にその車に乗ってSP同伴で移動するのはよくテレビで見ることがありますからご存知だと思いますが、あの車は相当な費用をかけて特注で制作されています。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme