解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

クラッチは走行距離20000キロで交換時期になる話は本当なの?

MTの車を所有していると必ず発生するクラッチの交換について、20000キロ走行したら交換しないといけない?とか、30000キロ走行したら交換したほうが良いって色々な話がありますけど、実際には走行距離=クラッチの交換時期はリンクしません。

オートマ車でしたらディスクの劣化やパーツの劣化は走行距離によってある程度平均値を出すことが出来るのですが、MTのクラッチの交換時期については、完全に運転をしている人の技術や運転方法によって大きく変わってくる為、平均を出せないのです。

早い人ならクラッチを新品にした当日にクラッチが焼けてしまって溝が全てなくなり、走行できない状態になった人もいますし、運転が上手い人なら10万キロ以上クラッチ交換無しで運転している人もいますし、MTの場合は本当に運転する人次第です。

 

 

クラッチは走行距離20000キロで交換時期になる話は本当なの?

 

少なくともMTのクラッチ交換においては、交換時期と言う平均値はありませんので、完全にドライバーの運転技術によってクラッチの寿命は1日持たなかったり、5年、10年と持つ人もいますので、クラッチ交換の交換時期は常に一定ではありません。

私の知る限りではクラッチ交換をしてその日にクラッチが焼けてしまい、整備工場に運ばれた人がいたんですが、なんでも運転中にずっと半クラでエンジンをぶん回していたらしく、一体どんな意図でそんな運転をしたのかよく分からないのですが笑えました。

また、一般的には10000キロ持たないと言われているシングルメタルクラッチを私の車に取り付けていた際には、相当な負荷のかかる運転をしていたんですが、30000キロで交換をしてみると全然まだ使える状態でしたので、プロショップは驚いていました。

スポンサードリンク




 

 

クラッチ交換の時期はその人の運転に依存するのでショップに相談。

 

MT車のクラッチ交換の時期については、よく言われるのがペダルの踏み込みのアタリが深くなっていくほどクラッチの溝が減っているので、それで交換時期になると言われることが多いのですが、そもそも新品の時のアタリを覚えていない人が大半です。

最近、クラッチが滑っているな?と感じる人でも実はクラッチが滑っているのではなくて、単なる勘違いでそう感じ取っている人も多いので、クラッチ交換については信頼のできるプロショップに相談をして、交換したほうが良いかの判断を聞くのが最適です。

プロショップがクラッチの交換時期を判断する方法ですが、普通に車を運転してみて挙動を確かめたり、後はサイドブレーキを挙げた状態で発進をしてエンストの状態を確かめたりなど、慣れてくると普通の人でも出来るのですが安全には十分注意しましょう。

 

 

車の基本的な整備については信頼できる整備工場がお任せがお勧め。

 

クラッチ交換についてもそうなんですが、ネットで情報を調べるのは良いのですけど、その情報を使って最終判断するのは自分自身になることが多いですから、相当な自信でもない限り、病院に通院するのと同じで専門家に任せておいたほうがより安心です。

ですから、行きつけのチューニングプロショップとか整備工場と普段から親しくなっておき、何かあれば全ておまかせするってスタンスで車の整備をお願いしていれば、クラッチ交換についても、すぐに気がついてくれて適切な交換時期を紹介してくれます。

よって、クラッチ交換の適切な時期は20000キロとか30000キロとかではなくて、自己判断が難しいのであれば、専門家に相談をしてその都度判断をしたほうが正確になりますので、普段から長期的なおつきあいが出来るディーラーや整備工場を探しましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme