解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

フルブッシュ交換をするならピロブッシュに交換すると効果的

今から10年以上前に国産スポーツカーのチューニングが大人気だった頃には、走行距離が10万キロに達したらスタビライザーやアーム等のブッシュを全て交換する作業、フルブッシュ交換をしたほうが良いといった記事が専門誌で取り上げられていました。

ブッシュとは純正の状態ではゴム製のパーツになり、金属のスタビライザーやアーム類等の車の走行性能を決める重要なパーツに取り付けられたパーツのことで、金属同士の部品を接続する際の摩擦やショック吸収目的などで沢山取り付けれられています。

このブッシュは一般的な車の場合はゴム製のパーツになっていて、ゴムですからエンジンマウントやデフマウントのように10年位経過すると次第にゴムが劣化してくるので、10万キロ走行をしたら交換しましょうってのが専門誌などの記事でよくありました。

 

 

フルブッシュ交換をするならピロブッシュに交換すると効果的。

 

実際に10万キロ走行をした車はブッシュが劣化しているので交換したら良いって話は事実ではなくて、年数が経過することによりゴムが硬化していて相当固くなっており、自然に強化ブッシュと同じような状態になっているので交換はしなくて構いません。

ただ、新品のブッシュに交換をした場合、乗り心地がフワッとした感じになるので、交換をしたメリットが有るように感じる人もいるのですが、それは単なる勘違いであり、純粋な走行性能を求めた場合は、意味が殆どない無駄な交換作業をしているだけです。

しかし、フルブッシュをして効果が出るケースというのがありまして、それがピロブッシュに全てを交換するフルブッシュ交換であり、強化ゴムや純正ゴムへの交換とは違って、明らかにブッシュ交換をすることにより走りの性能が向上するのがこの方法です。

スポンサードリンク




 

 

良心的なチューニングショップは必ず説明してくれる話。

 

走行距離が10万キロを超えた車のフルブッシュ交換をした場合のメリットが出るのはピロブッシュに交換をした場合であり、純正品や強化ブッシュに交換をしても自己満足なだけで整備工場が儲かるだけなので良心的なプロショップは説明してくれます。

以前10万キロを走行した際に当時のスポーツカーの専門誌でやたらフルブッシュ交換の記事がかかれていたのを見て、プロショップに相談に行ったことがあるんですけど、社長いわく純正ブッシュでも硬化して強化品になっているって話をしてくれました。

それでも良いのでしたら、ウチのショップは利益になるので依頼をうけるけど、どうしますか?って、雑誌のこの記事は広告記事なので間違ってますからねって丁寧な説明をしてくれて、結局ブッシュ交換をしないままでしたけど、なんの問題もありません。

 

 

ピロブッシュは効果は高いのですがデメリットも大きいので要注意。

 

その際に、プロショップの社長が話した内容としては、強化ゴムのブッシュに交換するのは意味が無いのですけど、ピロブッシュに交換をした場合は例外的に高い性能を体感できて、実際にブッシュ交換をする意味がありますが、重大なデメリットもあります。

そのデメリットとは、一般道を走行する際に振動が極端に大きくなり、走りを求めるのであればそういった一般道の路面の悪さなどを気にしないか、サーキット専用の車にしないとピロブッシュでは不快感が大きくなり後悔することになりますよとの事でした。

フルブッシュ交換は工賃で10万円、パーツ代で10万円位は必要になるので、プロショップとしては利益率がよい簡単な作業になるらしくて、依頼があれば歓迎らしいのですが、お客さんが求めている状態にならない依頼は必ず説明をしているとのことです。

ブッシュ交換については、作業自体は簡単でも素人が出来るような作業ではないですし、プロショップなら工具も揃っていて硬化したゴムを簡単に取り外す方法も知っているので歓迎する整備らしいのですが、一般の人にはあまりメリットはなさそうでした。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme