車の整備は何処でやっても同じ?実は全然違う理由

車を購入すると、その後に必ず必要になるのがエンジンオイル交換とか法律で定められている車検などの整備になる訳ですが、多くの人が整備について詳しく知らない状態で、車を購入したディーラーや中古車専門店経由で整備をしていることが多いです。

ただ、車を購入した後に専門的な知識を身に着けた人、こだわりのある人は次第に自分で信頼できそうな整備工場を探すことになり、私も実際に自分が車の知識をつけていくほど、ここではなくもっと良さそうな専門店に整備を依頼しようと探していました。

実際に車の整備というのはオートバックスとかディーラーでも出来ますが、マニュアル的な事はできてもより専門的や質が良い整備を求めるとなると、コダワリと実績をもったチューニングプロショップ等に相談したほうがよく、技術力も桁違いに高いです。

 

 

車の整備は何処でやっても同じ?実は全然違う理由。

 

大型のオートバックスの店舗などは綺麗な店舗にリフトなどを完璧に備えた巨大な整備工場が隣接されており、心地よいユーロビート等のBGMが店内に流れるなど、なんか凄い整備をしてくれそうな気持ちになりますが、あくまでマニュアル通りの整備です。

それとは異なり、専門性が高いプロショップはあまり綺麗とは言えず、BGMなどもなく、金属音がカンカンしているような工事現場のような印象で、所見の人や慣れていない人にとっては、なんか入りづらい雰囲気になっていることが多く私もそうでした。

しかし、一旦、店舗内に入ってみると、高度な専門知識や卓越した整備技術により、エンジンからミッションまで全て外注に出さずに内部で処理ができる事、レーシングカーの製作などに関わっており、それのフィードバックを整備に活かすなど桁違いです。

スポンサードリンク




 

 

一般的な人であれば別にディーラーやチェーン店で大丈夫。

 

ただ、なんでも専門性の高いプロショップが良いというわけではなく、決して利便性が良い場所にあるわけでもなく、特定の場所に行かないと行けない手間暇もありますし、一般的に普通に車に乗る人ならそこまでの整備は過剰整備になるので必要はないです。

車両に拘っている人や、自分の好きな仕様にカスタマイズしたい人、ワンオフと呼ばれている独自のマフラーやエンジン製作をしたい人、ターボやスーパーシャージャー、NOS等に仕様変更したい人の場合は、プロショップ一択になるので棲み分けですね。

ですから、確かに技術力や実績、お客さんの要望に可能な限り対応してくれるチューニングプロショップが一番なのですがそこまでを車に求めていない人、普通に整備できたら良い人、車検が来たら売却する人ならプロショップよりもディーラーがお勧めです。

 

 

プロショップの技術力は本当に凄いのか?

 

結構、チューニングプロショップと言っても看板だけでディーラーよりも技術力も工具類のレベルが低いショップもありますので、絶対的なものではありませんが、私がお世話になっているプロショップの技術力は桁違いに高く、GTカーの制作もやってます。

GTカーというのはスープラやNSX等をベースにカスタマイズした車両を使ったレース用の車のことで、よく社長が話しているのがレーシングカーのデータを一般車両の整備やパーツの開発にフィードバックするのが一番とのこと、ポルシェと全く同じですね。

具体的にはロータリーは専門外なので殆ど触らないとのことですが、レシプロエンジンでしたら、GTRだろうとNSXだろうとランエボだろうとなんでもフルチューン出来ますしレーシングカーというか、F1でやってる内部塗装等も普通に対応してくれます。

また、この類のプロショップは車に対して相当コダワリを持っていることが殆どで、それを理解しているお客さんが主体に集まることが多く、土日に行くとやたら知識が高いお客さんが多数集まって雑談などをしたり走行会をしているので、盛り上がってます。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク