解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車検整備を何処に依頼をしても殆ど安くならない理由

車を購入すると、新車であれば3年後に車検が発生して、中古車であれば2年に1回車検が発生しますので、その際にはディーラーや車両整備工場に車検整備の依頼をしないといけなくなりますので、その出費に耐えかねて車を売却する人もいるくらいです。

自分で車検を体験すると分かるんですが、何でこんなに高い費用がかかるのか?、これに驚く人も大変多くて、車検なので車を手放す人の気持が分かるのもこの瞬間です。

この車検にかかる費用というのは、どこに依頼をしても極端に安くなる事はなく、車を運転していると車検費用8000円と書かれている看板を見ることもあるかと思いますが、実際にそういった業者に依頼をしても車検費用が8000円で終わりません。

 

 

8000円車検の看板を見て見積もりに行ったら全然金額が違う。

 

その為、8000円で車検が出来ると思ってその看板を掲載している業者に相談に行き、車検の話を聞いていると看板の金額と全然違うと!トラブルになることもあります。

国産車の場合、新車であれば10万円以下の費用で車検が終わることもあるんですけど、ある程度年式が経過している車の場合は余裕で10万円を超えますので、その見積もり費用を見て廃車にしようと決意をする人がいてもおかしくない訳ですね。

車検が高いからと言って、色々なディーラーや車両整備工場に相談に行っても、殆ど価格が同じであり、全然、安くならない不思議な車検の仕組みについては、事前に知っておいて損はありませんのでそちらについてご説明したいと思います。

 

 

なぜ?、車検はどこに依頼をしても安くならないのか?

 

最初に、車検をどこに依頼しても金額が安くならない理由は、車検の請求費用の大部分を閉めるのが税金や保険料であるからであり、これらの費用はどこ依頼しても必ず発生する費用になる為、車検費用は極端なディスカウントが出来ない事情があります。

車検費用の中でも最も高い金額を占めているのが重量税であり、新車登録から年数が少ない車の場合、エコカー減税対応の車の場合は、極端に金額が安くなるんですけど、古い車になるとかなり高くなるのも重量税です。

スポンサードリンク




重量税については、エコカー減免適用の車の場合は、免税(100%軽減)、75%軽減、50%軽減の段階で大幅な減額が行われていて、エコカー減免非適用の車の場合は、エコカー、12年経過、13年経過、それ以外に別れていていて金額が決定します。

車検費用の中で最も高いウェイトを占める重量税の場合は、車検を受ける車の条件によりその料金が全然違ってきますので、古い車であればこの重量税が高くなるため、新しい車や政府が認定した車であれば車検費用が安くなる仕組みになっています。

更には重量税以外にもディスカウントできないのが車検の際の印紙税、自賠責強制保険であり、自賠責は常に強制加入で入る年数によって料金が変わるんですけど、最低でも2年間と1ヶ月は加入しないといけません。

この部分の料金を変更することが出来ないため、どこに車検を依頼しても料金が極端に安くならないと言った状況になっているのです。

 

 

車検を安くする場合は整備費用を値引きするしかありません。

 

では、車検を安くする場合、どうやって料金を下げるのかと言えば、重量税、自賠責強制保険は絶対に安く出来ませんので、一般的には車検の際に整備工場が行う検査料金を安くして車検の費用を下げることになります。

田舎の道路を運転していて車検費用8000円と書かれている看板を掲げている業者はこの部分を値下げしてから、車検費用を8000円として公開しているのですが、正直、このような宣伝手法は消費者の誤解を招くので全くお勧めできません。

検査料金は大まかに2つに分かれており、基本検査料(車検に関わる車の整備費用)、総合検査料(車検に必要な書類やデータとの制作)といって車検整備にかかる費用が発生します。やすくするならこの部分のみを安くすることが出来るというわけです。

車検はどうやっても安くするのが難しい構造ですから、車検の際に車を手放す人が多いというのは、重量税が100%の金額に設定されている古い車に乗っている人が大半であり、毎回12万円以上の車検費用を払うのであれば、他の車を買う気持ちもよく分かりますね。

それを踏まえた上で、安く車検を受けたいのか、本格的な整備をしたいのかを決めていくと、車検の仕組みと適正な費用が分かりますので、納得して車検を受けれます。

 

今までの車検にご不満の皆様、ぜひホリデー車検へ!キャンペーン実施中!


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme