予算0円でGW前にガソリンスタンドで絶対にやるべき点検

4月末から5月にかけて、ゴールデンウィークの大型連休が始まりますので、車で遠方に出かける人も沢山いらっしゃると思うんですが、ゴールデンウィーク期間中というのは車のトラブルが大変多くなる時期ですから、事前に最低限度の点検をしておきます。

点検と言っても、出来ればタイヤの点検とかラジエーター周りの点検等を整備工場でしておいたほうが良いのですけど、そこまでしっかりとした点検をすると1年点検をやることになってしまいますから、余裕がない人はもっと簡単な点検をしておきます。

ゴールデンウィーク前にクルマに乗る場合、必ずやっておいたほうが良いのが空気圧の点検であり、寒い時期から暖かくなっている時期ですから、管理状態では車のタイヤの空気圧が足りなくなっていることもよくありますので、必ずチェックしておきます。

 

 

ゴールデンウィーク前にガソリンスタンドで空気圧を点検。

 

恐らく、ゴールデンウィーク中に車を使う人でガソリンスタンドにいかない人はいないと思いますので、ガソリンスタンドに行ってガソリンを満タンに補給する際にはもう一つ重要な事がありますので、必ずそちらも併用して行っておいてください。

GW中で重要なことと言えば、真っ先に洗車を考える人がいるんですけど、別に洗車はしなくても良いので、ガソリンスタンドにあるタイヤの空気圧を測定及び調整するゲージを使って、必ずタイヤの空気圧の確認と調整を行っておく必要があります。

ゲージについて知らない人もいるかもしれませんが、ガソリンスタンドに行けば100%の確率でゲージがおいていますので、メーターのようなものがついている大きなヤカンのような金属製の物が洗車スペースの近く辺りに置かれているはずです。

スポンサードリンク




 

 

ゲージの使い方がわからない場合はガソリンスタンドの店員に確認

 

分からなければ、ガソリンスタンドの店員にゲージはありますか?、と相談をしたら丁寧に対応してくれますので、後はそのゲージを使って車のタイヤの空気圧を測定して、多分、殆どの場合で抜けていると思いますので、適正値まで調整していきます。

ゲージを普段使っていない人タイヤの空気圧は、この時期になると抜けていることが殆どなので、お使いの車やタイヤの特性にあった空気圧に設定しておかないと、高速道路を走行した際に燃費が悪いとか車が不安定になって事故の原因になる恐れがあります。

分からないことがあればガソリンスタンドの店員に相談をすれば丁寧に教えてくれますし、ガソリンを満タンにしているのでしたら、ゲージの使い方や設定も詳しく教えてくれるでしょうから、恥ずかしがらずに相談をしてみるのが良いですね。

 

 

予算0円で出来ることなら定期的にやっておくと便利です。

 

タイヤの空気圧の確認や調整は、ガソリンスタンドに行けば料金0円で何処のガソリンスタンドでも行うことが出来ますので、それだけを目的にガソリンスタンドに行くのは流石にモラルの問題があると思いますけど、ガソリン購入時なら全然余裕です。

タイヤの空気圧については車やタイヤの設定で決まってきますので、ゲージの値で2.0位から2.2位が一般的な車の空気圧の設定値になりますし、最近のゲージを見れば車のイラストと合わせて適正ゲージの印がゲージに書かれているのが普通です。

空気圧というのは多すぎても少なすぎても駄目なんですけど、普段全く調整しない人はゴールデンウィークの時期にはかなりの空気が抜けていると思っておいたほうが良いので、ガソリンスタンドに行った際には必ずゲージを使って確認しておきましょう。

予算0円ですし、時間もそれほどかかりませんので、空気圧の調整をやらない理由がありません。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク