交通事故はフレームの状態次第で廃車か修理を判断する理由

車の運転をしていると必ず何処かで発生するのが交通事故であり、自分がどれだけ運転に自信があり安全運転を普段から徹底していても、信号無視や飲酒運転、センターラインオーバー等の悪質な運転をしてくる車があれば簡単に交通事故の当事者になります。

もちろん運転技術や経験があれば、そういった第三者の影響による交通事故を出来る限り防げる訳ですし、自損事故に関しては限界を超えた無理な運転をしないことや運転技術があるのであれば、殆どの場合で交通事故の当事者になる確率は低くなります。

現在も毎日のように何処かで発生している交通事故なんですけど、車同士の交通事故が発生した場合、重さ1トンの鉄の塊が双方動きながら衝突することになりますので、想像以上の被害状況になることが多くて、それにより修理か廃車にするかになります。

 

 

交通事故はフレームが破損している人の殆どが廃車を選ぶ。

 

交通事故に遭遇した場合、車の破損状況次第で修理をするか、廃車にするかを選択することになる訳ですが、その大きな決め手になるのがフレームが歪んでいるか損傷しているかの判断であり交通事故に遭遇した殆どの人がフレーム事故なら廃車を選択します。

実際に私も交通事故を起こしてしまったことがあるんですが、その時は誰が見ても廃車にするしかない状況でしたので、フレームが大きく損傷してしまっていることが容易にわかったんですけど、交通事故によっては見た目ではフレーム損傷が分かりません。

私の後輩もスポーツカーを運転していて自損事故を起こしてしまったんですが、その時にはまさかフレームまでは破損していないだろうと思っていたらしく、修理工場にレッカーしたんですけど、調べてみるとフレーム損傷だったので廃車を選びました。

スポンサードリンク




 

 

交通事故はフレームの状態次第で廃車か修理を判断する理由。

 

交通事故を起こした場合、車のフレームが損傷している場合、殆どの人が廃車を選ぶことになるのですが、その大きな理由が板金修理費用であり、フレームが損傷している事故車の修理には相当な費用がかかり、状況次第で新車購入以上の修理費用になります。

また、フレームが損傷している場合は、修理をしても真っ直ぐ走らないので廃車にする人もいらっしゃるんですけど、本当に腕が良い板金屋で修理をすれば一括査定の時に業者が査定をしても事故車であることが分からないレベルで修理が可能になります。

フレームが損傷している事故車を修理しても真っ直ぐ走らないので廃車にしたほうが良いと言った話は間違いであり、単純にフレームが破損した事故車の修理代が高すぎるのでそれだったら新車を購入したほうが安くつくので普通は自腹で修理はしないのです。

 

 

フレームが損傷する交通事故に遭遇したら愛着がある場合は修理。

 

交通事故に遭遇してフレームが歪む事故車になった場合は、修理をしてもまっすぐ走らないので廃車にしたほうがよいと言った話は間違いであり、腕が良い板金修理業者に修理をすれば、かなりの修理代が必要になりますが、修理は可能なので検討しましょう。

一般の車両保険に加入していれば、車両保険の限度額までは保険金が満額支払われますので車両保険を使って保険金で修理をするか、新しい車を購入するかを検討して、保険金をどのように使うのかを決めていくことになりますので、後は愛着次第になります。

NSX-Rなどの既に発売されていない大変希少性のある車の場合、数百万円の費用をかけてフレームが損傷した事故車を完璧に修理する方もいらっしゃいますので、交通事故に遭遇した場合、フレームが歪む事故の場合は一括査定で手放す方法もあります。

事故車でも一括査定で買い取ってくれるのか?と不思議に思うかもしれませんが、車両保険に加入している場合は事故車両は保険会社の所有になりますので売却はできませんが、車両保険に加入していない場合は、そのまま廃車にするより一括査定がお得です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク