解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

リセッティングが面倒ならフルコンVProよりもサブコン?

車を購入してみたものの、いまいちレスポンスが良くないとか、トルクバンドを外しているとか、高回転でパワーを出したいとか、車にある程度詳しい人なら何かしらの不満が出てくることが多いのですが、その際にはECUを交換したり増設して対応します。

ECU言うのは、最近の車なら必ず助手席の足回りの付近に取り付けられているコンピューターのことであり、キャブレーターの古い車なら別でしょうけど、インジェクターの車の場合はECUがないことはありえませんので、車には必ずある主要パーツです。

車の性能に不満がある場合、エンジンチューンやエキマニ交換、マフラー交換をしてパワーアップさせるのが基本ですが、それに合わせてECUも変更するか、もしくはECUだけを変更しても大きくパワーアップさせる事ができるので結構皆さんやってます。

 

 

 

リセッティングが面倒ならフルコンVProよりもサブコン?

 

最初にフルコンとサブコンの違いを知っておく必要があるんですけど、フルコンというのは相当な範囲でECUを設定できる最も優れたECUであり、サブコンはフルコンほどの自由度はないのですが、ノーマルECUよりも設定の範囲が大きい特徴があります。

どちらが良いかと言えば、絶対的な性能だけを見ればMoTeCやVPro等のフルコンが圧倒的に設定の幅がひろいですから、プロショップにセッティングを依頼すれば車の性能と利用するステージに合わせて最大のパフォーマンスが発揮できる状態になります。

その為、一見してフルコンのほうが良いと感じる人も多いですし、ECUの価格も本体だけで30万円、セッティング費用10万円、ハーネス10万円コースで大変費用がかかることもあるのですが、実はフルコンの場合はリセッティングが必ず必要になります。

 

 

VProやMoTeC等のフルコンで必須になるリセッティングって何?

 

フルコンを車に取り付けている人ならご存知でしょうけど、フルコンを車に取り付けてセッティングをすると、必ず年に2回ほどリセッティングって作業が必要になりますので、これをプロショップに依頼して、車のパフォーマンスを最大限に引き出します。

スポンサードリンク


通常、リセッティングは回数制限で無料ってプロショップも多くて、別途費用がかかることはないのですが、このリセッティングを行わないと、プロショップもセッティングをした際のデータが正しいかどうか、本来の用途にあっているかが分からないのです。

季節によってもリセッティングをする影響が出ることもありますので、フルコンを取り付けた車は、その後のメンテナンスとしてリセッティングが必ず必要になってきますから、それが面倒だと感じる場合は、フルコンよりもサブコンを選ぶ方が適しています。

 

 

サブコンを選ぶならE-manageアルティメイト辺りがお薦めですね。

 

性能は最高でも価格と維持費のコストがかかるフルコンは流石に予算の都合で間に合わないって場合でも、エンジンのチューニングやターボなどを取り付けたり、スーパーチャージャーなどを取り付けたりした場合は、純正ECUでは対応が出来なくなります。

対応が出来なくなると、燃料が足りなくなったりしてしまいエンジンブローの可能性も出てきますので、純正状態からエンジンを大幅に変更した場合、エンジンの仕様をNAからターボに変更した場合でも、純正ECUでは無理があるのでサブコンを使います。

サブコンの場合は純正ECUにデータを割り込ます形式で利用していきますので、フルコンのようにリセッティングは必要ありませんが、純正ベースになりますから出来る範囲が狭くなるデメリットはあるのですが、純正よりは全然性能は引き出せる訳です。

サブコンと言えば、現時点ではE-Manageアルティメイトが大変有名で、ハーネスさえ対応していれば殆どの車種で利用できる汎用性の高いサブコンになりますのでお薦めですし、セッティング費用もフルコンよりは安いのですがハーネス制作が面倒です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme