解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

中古でホンダNSXを購入後に想像以上にお金が必要な理由

ホンダが平成初期くらいに発売していたNSX、NSX-Rについては、既に20年落ちくらいの古い中古車になってしまいましたが、現在では特にNSX-Rの中古車相場が相当高騰していて、既に1000万円から3000万円位のフェラーリ並の中古車になっています。

ノーマルのNSXについても、ATは相変わらず相場が安い状態ですが、状態が良いMTになると相場が高くなっているので、数年前なら無理をして何とか中古でNSXを購入できた人でも現在はちょっと厳しくなっていますし、新型NSXは別の車になりますからね。

しかし、どうしても平成初期のリトラクタブルのNSXが欲しい人は中古車で購入するしかなく、今後も相場が跳ね上がっていく状態ですから、少しでも安く購入するには今すぐにでも購入しないといけないという大変厳しい状況で購入の判断をしていきます。

 

 

中古でホンダNSXを購入後に想像以上にお金が必要な理由。

 

ホンダが平成初期の頃に発売していたリトラクタブルのNSXですが、NSX-Rは既に中古車で1000万円を超えており、とてもではありませんが容易に購入できない状態ですし、そもそも中古車が市場に殆ど流通しなくなっているのも高騰している要因です。

ただ、どうしてもNSXが欲しい人は借金をしてでもギリギリの予算でNSXを購入する計画をたてる訳ですが、正直言って予算がギリギリであればNSXは購入してはいけない車であり、その後に想定している以上のお金が必要になる事を知っておくべきですね。

その原因はエンジンをリアに搭載しているミッドシップである事から、何をするにしてもエンジンを降ろさないといけない事情があり、それにより工賃が高額になっていることと、パーツ自体が高額であることから100万円単位でお金が飛んでいく車です。

スポンサードリンク




 

 

NSXをギリギリの予算で購入しても必ず手放すことになります。

 

ホンダが威信をかけて平成初期の頃に発売したNSXですが、既に20年以上経過した中古車ですので、購入してもその後に対してお金がかからないと思っていると大変甘い見積りになりますし、何をするにしてもメンバーを下ろすことになり本当にお金が必要。

例えばクラッチ交換をする場合、普通の車の感覚で予算5万円位でなんとかなるだろうと思っていたら工賃とパーツ代で30万円以上になることが標準的な車ですから、日産のGT-Rと同じかそれ以上くらいの維持費が必要になるのがNSXという車になります。

無理をしてNSXを購入した場合、車検を受ける前に手放すことになる人も多くて、なにか車に不具合が発生した場合でも工賃もパーツ代も割高になっており、任意自動車保険の保険料の等級も最高の9等級になっている車ですから本当にお金が無いと死にます。

 

 

無理をして購入したNSXを手放すことになったら何処に売ればいい?

 

NSXの場合、現在は中古車相場が高騰している為、資産的な扱いが出来るフェラーリに近い状態になっていることもあり、仮にNSXを手放すことになっても、ある程度の割高んが価格で売却が可能になることもあり特にNSX-Rなら売却は容易に行える車です。

無理をしてNSXの維持が出来ない、車検費用が用意できない、ガソリン代すら厳しいとか任意保険が支払えない場合は、個人売買でヤフーオークション等に出品をすれば、MTで出来るだけノーマル形状で白か赤色のボディであればすぐに買い手が付きます。

これも、フェラーリと大変良く似た状態になってきているのですが、NSXを購入する際には色やMTであること、走行距離やなるべく純正の状態であることが重要になりますので、売却の事を考えて購入しておいたほうが良い車で、手に負えないなら売却です。

NSXについては、完全に売り手市場の希少価値がある車になっていますので、急いでなるべく高く売却をしたいのであれば、カーセンサーやズバットなどの一括査定に登録をしてみて、一番高い査定金額を提示してきた業者に売却をするのも一つの方法です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme