解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

車の運転をしてイライラした際の解消法は休憩がお勧め

車を運転していると、煽られたり、前方に運転が下手な車がいてトロトロ運転をしているのをみてイライラしたり、通行人やバイクを見てイライラしたりなど、様々な要因でイライラする事が多いのですが、1トンを超える車をイライラ運転するのは危険です。

イライラした際には人間はカーッとなって、攻撃的な性格になる人も多くて、運転がラフになってしまってついつい急アクセルや急ハンドル的な運転をしてしまいがちになりますので、そうなると必然的に交通事故に遭遇する確率が多くなるのは必然的です。

ですから、運転中に少しでもイライラして気分が怪しくなってしまうと、そのまま運転をするのは自損事故だけではなくて、他人を巻き込むような重大な交通事故を起こしてしまう恐れもありますので、精神的に神の領域に達している人以外は休憩がお勧め。

 

 

車の運転をしてイライラした際の解消法は休憩がお勧め。

 

イライラした状態で車を運転すると、何かとトラブルの問題になりますから、イライラしたらドライブインとか道の駅等、安心な場所に車を停車してしばらく休憩するのが基本ですから、イライラが収まるまで1時間でも2時間でもゆっくりと休憩が基本です。

もし、イライラした状態で車を運転すると、交通事故を起こしてしまう可能性が大変高くなりますし、イライラの度合いによっては他人を巻き込むような重大な交通事故を起こしてしまう可能性がありますから、そうなると大変悲惨な状態になってしまいます。

交通事故を起こすと車が大破するだけではなくて、他人の者や車を破壊した場合は、損害賠償の責任が発生しますし、万が一他人を怪我させたり死亡させてしまった場合、保険に入っていれば大丈夫って訳ではなくて、人生が終了してしまう恐れすらあります。

スポンサードリンク




 

 

休憩をしても1時間2時間程度の時間を使うだけで安心できます。

 

車を運転していると移動時間が一時間、二時間となくなってしまうと、その時は大変な時間ロスをしている感情になってしまいそうになるので、休憩時間が勿体無いと思ってしまうかもしれませんが、それで交通事故を防げるのでしたら本当に安いものです。

ですから、少しでもイライラとしてしまった場合、直ぐに車の運転をやめてから休憩をして、何処かで気分転換をして遊ぶとか、その辺のホテルに入って寝て休憩をするとか、一旦車から離れることがとても需要でハンドルを握っているのは本当に危険です。

安全運転をしてなんの落ち度もないのに執拗に他人の車に煽られたり、追い越し禁止のレーンなのに前方の車に法定速度以下のノロノロ運転をされたり、後ろからクラクションを鳴らせまくられたり、道路を運転していると理不尽なことばかりなのが現実です。

 

 

イライラしたまま運転をしていると同乗者を不快にしてしまう。

 

イライラしたまま運転をしていると、運転技術に自信がある人であれば、交通事故を起こさずに休憩もなしで時間ロスもなく運転をすることが出来ますので、特に問題はないのですが、イライラしたまま運転をしていると同乗者が大変不安かつ不快になります。

同乗者もせっかくの楽しいドライブ中に、運転しているドライバーがイライラした状態であれば、全然ドライブ自体が楽しくありませんし、気を使ってしまって同乗者もイライラとしてしまい、それで交通事故が発生してしまいかねませんので、本当に要注意。

その時には運転中に休憩をするととんでもない時間ロスをしているって勿体無い気分になってしまうかもしれませんが、それでもしかしたら発生するかもしれない交通事故を防いだり、それよりも悲惨な人身自己を防げると思えばそちらを選択するのが基本。

交通事故を起こしてしまうと、本当に大変で警察の対応をしたり、賠償金を請求されたり、仕事を失ってしまったりと、ろくなことがありませんので、必ずこれはちょっとイライラしているな?と感じたら、攻撃的になる前に一旦休憩をする癖を付けましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme