解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

大型台風で水没のリスクが予想される場合は事前に車を移動

最近、日本では大型の台風が発生したり、過去に例が無いような大雨で街全体が水没するような水害が多発しており、今後も同様の水害が全国的に発生する恐れがありますので大型台風が発生した場合、最初に自宅が水没するリスクを予想しないといけません。

なので、自宅が水没する可能性がある場合、土砂崩れの可能性がある場合、指定の場所に避難をすればよいのですが、自宅は移動させることが出来ませんので土のうや雨戸等で完璧に防護していても、床上浸水以上の水害が発生したら残念ながら水没します。

しかし、車の場合は移動させることが可能な訳ですから、現在では事前に大雨が降ること、台風の進路に含まれていることが予想できる時代なので、大型台風の際には車も対策をしておいたほうが良いですけど水没するのかしないのかで対策が異なってきます。

 

 

大型台風で水没のリスクが予想される場合は事前に車を移動。

 

大型台風でも水没まではしない場合で、強風だけが心配される場合でしたら、車に車カバーを取り付けておくと、強風で木材とか吹き飛ばされてきた破片やゴミがあたっても、余程出ない限りクルマそのものには傷が付きにくいので車カバーはお勧めです。

車のカバーって、割高な価格設定になっているので躊躇する人も多いのでうが、結構しっかりと作られていて、何かが車に打つかった際にもショックを和らげてくれる効果もありますが、しっかりと固定していないとそのまま吹き飛ばされてしまうので要注意。

万が一、駐車場が水没する恐れがある場合、車カバーだけでは対処が出来ませんから、車を水没しない場所に事前に移動しておくのがよくて、その際にはトランクやリアシートなどに同時に避難させるものや、万が一の食料と水を積んでおくのが良いですね。

スポンサードリンク




 

 

強風でついた傷や凹みは修理できても水没は修理ができない?

 

台風の強風で、何かが飛んできてしまって車についてしまった傷や凹みは板金屋で修理ができますし、車のカバーをつけていればその傷もかなり防ぐことが出来るのですが、万が一車が水没をしてしまった場合は、修理をするのは想像以上に困難になります。

何しろ、車は電気と精密部品の集まりなので、完全に水没をした場合、ハーネスと呼ばれる車全体に張り巡らされている電線を含む、全ての電気周りが使えなくなりますし、エンジンやミッション等も水に使ってしまうとオーバーホールしないといけません。

更にはボディーやシートなども全てにダメージが入ってしまい、特に水没した車の内装の悪臭は凄まじいですから、全てを元通りにするとなると新車を購入したほうが安くなるくらいですから、水没した車=全損扱いになると思っておいたほうが無難です。

 

 

水没した車は車両保険に加入していないとお金が本当に必要。

 

水没した車ですが、修理自体が相当なお金がかかってしまいますから、余程愛着があってお金が有り余っている人以外は、基本は全損扱いになりますので、その場合は車両保険に加入していれば、保険会社が全額負担してくれますから、特に心配は要りません。

しかし、車両保険に加入していない車の場合、水没した車はもう自走も出来ず、そのまま放置しておくことも出来ず、水没した場合は何処かに流されてしまっていること主多いので車が見つかったら自分でその車を移動させて処分する費用の負担も発生します。

そうなってからの手間暇、金銭、精神的なダメージを考えると、自宅に関しては動かせないので土のうや雨戸で対策をするしかありませんが、車の場合は移動させることが出来ますので、事前に水没しない安全で保管しても良い場所に移動させておきましょう。

台風で局地的な大雨が発生したら、車で移動しないといけないので自宅に保管しておく必要があると思っていたら大間違いで、その時にはもう車で移動できる状態ではなくなっている訳ですから、少しでも水没大雨の被害が出そうなら、早期対応をしましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme