解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

不要になった車のバッテリーはゴミ捨て場に捨てる?

車を購入するとどのような車でも必ずついているのがバッテリーと呼ばれている蓄電器であり、早い話が巨大な電池そのものですから、このバッテリーにエンジンの回転からオルタネーターで電力を溜めつつ、車の電化製品を動かしている仕組みになってます。

バッテリーは半永久的に使える訳ではなくて、使っていると次第に寿命がやってきますし、バッテリーの性質上、全く使っていないとドンドン劣化して使用不可能になりますから、その場合は再充電ができなくなり、新品や中古品に交換をしないといけません。

そこで困るのがバッテリーの処分なのですが、通常は車検の際に定期的に新品に交換することが多いので車のバッテリーの処分方法について意識することも少ないのですが、個人的に交換をした場合、要らなくなったバッテリーの扱いに困ることになります。

 

 

不要になった車のバッテリーはゴミ捨て場に捨てる?

 

そこで、いらなくなった車のバッテリーの処分ですが、結構安易に考え、燃えないゴミの日にゴミ捨て場に捨てる人が多くて、後で警察がくるような大問題になることもありますので、ゴミ捨て場にバッテリーを捨てる行為だけは絶対にやってはいけません。

その理由は車のバッテリーはゴミではなくて産業廃棄物に該当するため、ゴミとして収集するのではなくて産廃業者に回収をしていただかないと処分ができないしくみになっている為、ゴミ捨て場に捨てると不法投棄となり、警察が駆けつけることになります。

また、バッテリーは粗大ごみでもありませんので、役所がやっている粗大ごみの回収から除外されていますから、不要になった車のバッテリーは専門業者に引き取って頂くか、ガソリンスタンドなどに相談をすれば引き取ってくれますから、行きましょう。

スポンサードリンク




 

 

バッテリーを購入したお店で引き取ってくれることが多い。

 

要らなくなった車のバッテリーは粗大ごみではなく、燃えるゴミでもなく、産業廃棄物扱いになるので、安易にそのへんのゴミ捨て場に捨てると警察がやってくることがありますので、絶対に安易な処分をしてはいけませんが、手元にあると邪魔で仕方がない。

この場合、車両整備工場とかディーラーとかで交換をした場合でしたら、黙って引き取ってくれて処分も自動でしてくれますが、若干のバッテリー処分費用を請求されることもありますけど、それをケチって持ち帰ると、後々後悔するのでケチっては駄目です。

バッテリー単体で購入する場合でも、購入したお店に相談をすれば快く引き取ってくれることが多いですし、大抵は無料で引き取ってくれますから、遠慮なく相談をしてみて、条件などが合わない場合はいつも使っているガソリンスタンドに相談をします。

 

 

バッテリーは再生品として利用できるので引き取り業者も多い。

 

一般人からすれば車から取り外したバッテリーは産業廃棄物ですから邪魔者以外の何物でもないのですが、実はバッテリーは再生品として結構な値段で売却をすることができますので、無料で不要になったバッテリーを引き取ってくれる業者が結構多いです。

再生品バッテリーというのを見たことがある人も多いかと思いますが、そのバッテリーは不要にって回収されたバッテリーをフルオーバーホールして、再度利用できる状態にして販売していますので、無料で引き取れば原価は大幅に安くなるので利益も出ます。

この再生バッテリーという市場があり、しかも新品バッテリーよりも価格が安いことから市場規模も大きいですし、車からバッテリーがなくならない限り市場も安泰なので、他のゴミとは違って有効的に引き取ってくれる先も多いので色々と探してみましょう。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme