解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

カーリスならレンタカーで車を借りた方がお得な理由

最近、月々1万円で車を所有できますって如何にも車が安く購入できるカーリースってサービスがありますので、その広告を見てそんなに安いなら車を購入しようって考える人も多いのですが、正直カーリースはデメリットの方が大きくメリットは小さいです。

カーリースを簡単に説明すれば、3年間とか5年間の期間を決めて、企業から車を長期間レンタルする仕組みのことで、その期間が終われば、返却をするか自分で買い取るかを決めることが出来るので、大変お得に車を所有できるという類のシステムです。

それで、毎月1万円で車を所有できるのであればお得では?と思うかもしれませんが、傷をつけてはいけない、ぶつけてはいけない、途中解約は多額の違約金が発生、少しの改造もできない等、これで3年間、5年間も維持できる人が一体どれくらいいるのか?

 

 

カーリスならレンタカーで車を借りたほうがお得な理由。

 

基本的に車を所有するのであれば、金銭的な余裕があることが大前提になっていて、税金対策で高額な車のリースをするのでしたら別ですが、予算が厳しいのでなんとか見た目上は毎月安く車を所有できるリースを使いたいって人は大抵トラブルになりますね。

その理由は、リースというのはお金を払って車を業者から借り受けている訳で、新車を購入するのとは訳が違っていますので、傷をつけるとかぶつける、廃車にした場合などは業者から所定の金額を請求されることになりますし、整備も勝手には行なえません。

また、車を購入して5年間も同じ車に乗るって人のほうが珍しいくらいですから、買い替えとかも出来ませんし、車種の変更もできない、最初に契約をした車を最後まで安全に乗らないといけない、走行距離も限界が設定されているではマイカーではないです。

スポンサードリンク




 

 

カーリースは儲かっている人の税金対策なら結構お得。

 

カーリスを利用する目的としては、儲かってしまってなんとか税金対策をしたい人なら、好きな車をカーリースすれば損金に出来ますので、メリットはありますが、単に車に困っていて税金対策優先でないなら普通に好きな車を購入したほうが良いです。

車とかパソコンなどは購入しても一括でその年に経費にすることが出来ず、減価償却が設定されていますから、5年落ちで多くの費用を経費化できる中古車が人気なのも税金の都合によるものなので、儲かっている人以外は、カーリースはお勧め出来ません。

例えば5年間に渡って、神経を尖らせて傷もつけれないぶつけてもいけない、廃車にするなどもってのほか、好きな仕様にカスタマイズも出来ずに結局合計で支払う金額は新車を購入するよりも高額になってしまった・・・こうなり後悔する人が多いのです。

 

 

レンタカーとかカーシャリングならコストも安いのでお勧め。

 

最近では、マンション単位でカーシェアリングなどもあり、月額決められた金額を支払って、利用する時にその金額を支払えば、車を運転できるシステムもありますし、レンタカー屋に行けば、クレジットカードと免許証があれば誰でも車を運転ができます。

正直、カーリースの仕組みをよくわかってなくて、毎月1万円で車を所有できるってキャッチコピーを真に受けてしまい、そのままカーリースを契約した人は大抵後悔することになりますので、カーリースをするならレンタカーで使う時だけ利用のほうが無難。

レンタカーでも事故や傷をつけた場合、修理代や保証金を要求されることもありますが、事前に指定の保険に加入しておけば、対応することが出来ますし、なによりいつでも都合に合わせて好きな車を運転できますし、数年後のデメリットも発生しません。

一番良いのは、車がほしければ自分で中古車屋で購入することですが、安い軽自動車の中古車の場合、10万円から20万円で購入することも出来ますし、ぶつけても自己責任でそのまま廃車にすることも容易でいつでも売却も出来るので、そちらが一番です。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme