車のエンジンオーバーホールの総費用は30万円?

車は、一度購入すると定期的なメンテナンスが必要になりますが、その中でも最大級のメンテナンスがエンジンオーバーホールになりますので、これをやる際にはもう、本気で予算を確保して、信頼できるチューニングショップを探すだけでも本当に疲れます。

エンジンオーバーホールに関しては、基本的な予算として以前から30万円が相場だとスポーツカーの専門誌でよく言われていましたが、実際にはこの30万円が相場ってのには根拠がなく、あくまで一般的な車種であれば基本料金でこれくらいって話です。

エンジンオーバーホールをする際に、専門店などに行き、予算30万円で大丈夫ですよね?、とか、30万円以内でやってくださいと相談に行くと、その場でお断りされることもありますので、エンジンオーバーホールの予算について知っておきましょう。

 

 

車のエンジンオーバーホールの総費用は30万円?

 

エンジンオーバーホールをする際には、車種に関係なく必要になる作業がエンジンの脱着であり、これはFFだろうとFRだろうとMRだろうと、大型の船舶とは異なり、どのような車でもエンジンを取り付けたままオーバーホールをすることはありません。

それ故に、車ではエンジン脱着の作業が必ず発生するんですが、これの工賃が最低でも5万円から10万円以上は必要になりますので、取り外し、取り付けの往復作業で、この工程だけで10万円以上の予算が必要になりますし、消耗品も全て交換になります。

消耗品に関しても、車種によって全くパーツもその単価も異なりますので、NSXとかポルシェ、フェラーリ等のMRのスポーツカーはどれも高額になりますし、FFの車はコストが安くなる事が多いですけど、フルオーバーホールなら30万円以内は厳しいです。

スポンサードリンク




 

 

部品代だけでも50万円以上になることも普通です。

 

エンジンオーバーホールに関しては、最近ではパーツ代も値上がりをしている事、消費税の増税などにより、工賃も値上がりしているので、国産の一般的な価格帯であるシビックとかロードスター等のスポーツカーでも、部品代だけで50万円以上も普通です。

ピストンやコンロッドなどのプロによる調整も何処までやるかになりますし、エンジン内部のNC加工、ピストンへの専門塗装を行うかどうか?、エンジンオーバーホールは10年に1回位のメンテナンスですから、ドンドン予算が必要になるのはお約束です。

純正のパーツならまだしも、社外品のチタン製のコンロッド、専用に開発されたピストン等、パーツにこだわりだすと青天井になる傾向にありますし、国産の2000CC前後のスポーツカーの場合、ボアアップやクランク延長など、予算はうなぎのぼりなのです。

 

 

プロショップの社長さん曰く100万円単位の依頼も普通。

 

最近では、新車であれば、エンジンオーバーホールをする前に、車の一括査定などを行い売却をして乗り換える運用をする人が多く、エンジンオーバーホールをする人はある程度古いクルマを大事に乗っている人が増えてきていて、予算も高額になっています。

いつもお世話になっているプロショップの社長さんいわく、エンジンオーバーホールを依頼するお客さんは最近では100万円単位の予算で依頼をする人も出てきていて、中には国産のスポーツカーで1000万円位の予算を提示して来るお客さんもいるようです。

以前なら、お金がない人が無理なローンを組んでRX7を購入してギリギリの生活をしていたものですが、最近ではその類の車はお金を持っている人しか維持ができなくなってきているようで、今ではエンジンオーバーホール30万円って人もいなくなりました。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク