解決カーライフ

車のお悩み解決マニュアル

湿気が多くなる梅雨の時期に車内の嫌な臭いを取る方法

日本の場合は夏場の梅雨の時期になると極端に湿気が多くなるため、部屋を締め切っているとジメジメしてしまい、エアコンで除湿をしないと息苦しくなったりするものですが、室内だけではなくて車の中でも同様の状態になるのはご存じのとおりです。

車の場合は、使わない時は長時間に渡って駐車場に保管することになりますので、特に梅雨の時期は車の中は嫌な臭いがこもりがちであり、車のドアを開けるとなんだこの臭いは・・・と思って、一瞬咳き込んでしまう経験をしたことがある人も多いはずです。

この、車を開けた時の嫌な匂いの原因は殆どの場合はカビの臭いであり、車の室内の見た目がいくら綺麗であっても、表面には見えないマットの下や、座席の裏側等にカビが大量発生していて、それが発生する原因が湿気になるというわけです。

 

 

車は使わない時は湿気が室内に大変こもりやすいのです。

 

普段、車を運転している最中であれば、エアコンやヒーターを稼働させている人が大半でしょうから、その間は湿気が飛んで快適な空間になるんですけど、使わない時に駐車場で保管をしていると、湿気が車内に入ってくることになります。

特に夏場の大雨が続く季節や台風がたくさん発生するような際には、自宅の室内と同じような湿気が車内に発生していると思ったほうが良くて、その際にはカビカビルンルン状態になってしまうこともありますので、この湿気とカビ問題は常に大変です。

頻繁に車を使っている人でしたら、まだエアコンやヒーターを普段から頻繁に使っていることも多くて、それ程大した問題にならないのかもしれませんが、普段から余り車に使わない人の場合、車内は湿気で常にカビが発生しやすい状態になっているのです。

 

 

梅雨の時期の車の湿気対策には湿気取りが大活躍します。

 

日本の梅雨の時期は本当にジメジメして湿気で嫌になってしまいますが、その状態で24時間常に駐車場に保管されている車も同様の状態になっていることを考えると、どれだけの湿気が車に影響を与えているのかよくわかると思います。

スポンサードリンク




そこで登場するのが、除湿剤と言われている湿気取りであり、最近ではホームセンター等で当たり前のように売られてきているこの湿気取りなんですけど、試しに車の中に一週間ほどおいて梅雨の時期に保管をすると、1週間もすればあっという間にタンクがいっぱいになってしまいます。

その為、湿気取りが大活躍をすることになるのですが、1週間で満タンになっているのを見る限り、これを使えば、車の中の嫌な匂いが発生するのをかなりの確率で防いでくれていることを考えると、大変お勧めできるニオイ対策グッツといえますね。

 

 

Amazonなどのでネット通販でまとめ買いしておくと便利です。

 

湿気取りと言えば、ホームセンターやスーパーなどに行けばどこでも売られているほど日本ではメジャーな製品ですけど、案外まとめ買いをするとかさばることが多い為、別に特定の店舗でないと買えないような貴重なグッツではありませんが、ネット通販で購入したほうが何かと便利です。

梅雨の時期であれば車の中に設置すると1週間で満タンになりますので、再利用が出来ない商品の性質上、その状態になるとゴミとして処分しないといけなくなることを考えると、毎月2ケースくらいの湿気取りを買わないといけなくなる計算です。

毎回購入するのが面倒であるなら、Amazonなどで1シーズンで使う分だけ、まとめて購入しておき、夏場に発生する湿気による車の嫌なカビの臭いから開放されるように、快適なカーライフを過ごすようにすると、小さなお子さんでも安心して車に乗れますね。

車の中に発生したカビなどの影響で、お子さんが喘息などになってしまわないように、毎日車に乗らないような人であれば、夏場の湿気シーズンだけでも除湿剤を車の中に入れておき、面倒なら新品もトランクに入れておけば直ぐに交換もできます。


カーセンサー.net簡単ネット査定





【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり



スポンサードリンク





解決カーライフ © 2017 Frontier Theme